FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


大量廃棄が問題になっている恵方巻。

こちらはちょっと微笑ましい?

なが~い巻きずし作り 71.7メートル新記録 児童ら挑戦 名張 /三重

 名張市立百合が丘小(百合が丘東9)で2日、
放課後子ども教室「百合小こどもクラブ」の児童や
保護者ら約240人が「なが~い巻きずし」作りに
挑戦した。
昨年の62・7メートルを上回る71・7メートルの
新記録を達成し、驚くような市民の成果に贈ら
れる「あれっこわい認定証」が授与された。


巻ずし作りの材料は、米40キロ、のり400枚、
卵焼き52パック、カニかま1300本、インゲン豆
5キロなど。

かなりの量ですね。

240人で食べたとすると一人当たり30cmです。

ちゃんと食べないといけませんが、おいしそうなので
大丈夫でしょう。

ところで、これはギネスではありませんね。

世界最長はロシアで、なんと2.5キロメートル、
6万人分だそうです。
\(゜□゜)/

世界最長の巻き寿司はなんと2.5キロメートルで、人によっては若干観覧注意。
https://www.gizmodo.jp/2012/01/25_6.html
この写真見てください。

駅の改札入るとこうなんです。

びっくりしちゃいますよね。

錯視サイン

床に穴が開いて空が見える訳でも、
エレベータの案内板を床に堂々と
置いている訳でもないんです。

この記事どうぞ。

目を疑う案内表示 錯覚使い立体的 羽田で全国初導入

 京急電鉄の羽田空港国際線ターミナル駅(東京都
大田区)に28日、目の錯覚を利用した「錯視サイン」
が登場した。
床に貼り付けた案内サインが浮かび上がるように見え、
通行を邪魔せずに目立たせる工夫だ。京急電鉄による
と、駅では全国初の導入という。


 この場所は、改札を抜けると正面にエスカレーターが
見えるため、ほとんどの客は横にあるエレベーターに
気付かないということで、錯視サインを導入。

今後オリンピックで外国の方が沢山来ますから、
ピクトグラムだけでなくこうした直感的な案内が
どんどん増えるかも知れませんね。
亀井静香は自民党ばりばりの時は警察官僚と
いうことで良い印象を持ってはいませんでした。

でも、死刑廃止論者であることがわかり、見直し
していました。

この記事もまっとうではありませんか。

消費増税 大衆からではなく大企業から税金を取れ   

ー前略ー
消費税は大衆課税だ。増税までして大衆からお金を
取る必要はない。
 財務省の法人企業統計によれば17年度の企業の
内部留保は446兆円だ。6年連続で過去最高を更新し
ている。余っている大企業の内部留保に課税すればいい。
 税金はカネのあるところから取るべきものだ。そして
カネのない人に配り、全体のために使う。これが税の
基本だ。
 金持ちだろうが、貧乏だろうが、同じように税金を取る
のは邪道だ。それは金持ちに都合のいい話ではないか。
社会保障費の増加で財政が厳しいと言うが、富裕層へ
の社会保障を思い切って削減すればいい。金持ちに
手厚い社会保障は不要だろう。


さすがアメリカ。

日本ではこんなことはまず起こらない
ですよね。

米国 オバマ「大統領」を表敬 NBA王者、トランプ氏拒否

自分たちの大統領はオバマ--。米プロバスケットボール
NBAの昨季王者で、4大プロスポーツ優勝チーム恒例の
ホワイトハウス表敬訪問を拒否しているゴールデンステート・
ウォリアーズが24日、ワシントンでオバマ前大統領と面会した。


日本のスポーツ界では首相批判なんて絶対
しないですから。

ことの発端は、就任初年の2017年にトランプ大統領が
ウォリアーズを「招待しない」とツイッターで表明したこと。

ウォリアーズの主要選手がトランプのマイノリティーに
対して差別的な態度を取ることに対して公然と批判し
たことが気に入らなかったんでしょう。

結局昨シーズンに続いて2回もトランプ大統領に表敬
訪問なしということになりました。
この記事の見出しを読んでまあ簡単な
ことではないかと思いつつ、記事を読んで
素晴らしい中学生と驚嘆しました。

「西から昇ったおひさま」見えるのだ 中3の計算が表彰

 「西から昇ったおひさま」が見たい!! 青森県
弘前市の弘前大学教育学部付属中学校3年の
工藤優耀(ゆうよう)君(15)がそんな研究テーマ
に取り組み、一般財団法人理数教育研究所
(事務局・大阪市)が主催する「算数・数学の
自由研究作品コンクール」中学校の部の最優秀賞
に輝いた。


私が最初簡単ではと、またなんで数学賞?と
思ったわけは、ジェット機で西に飛べば簡単に
太陽がにしから昇るからです。

とことがこの少年、高い場所ほど地平線までの
距離が伸びるので、地上で太陽が沈んだ直後
エレベーターで高いところに行けばまた太陽が
見えるだろうと。

発想もすごいですが、それをちゃんと数学的に
計算したんですね。

計算では、太陽が西に沈んだあと、50秒で
35メートル高く昇ればまた太陽が見えるか
がわかります。

となると、スカイツリーのエレベーターなら計算
上は余裕で西から昇る太陽が見られることが
わかり、地上350メートルの展望台では、地上で
の日の入りから約160秒後まで太陽が見えて
いることも算出してしまったと。

いや素晴らしい。

そもそもこのテーマを選んだ訳が「西から昇った
おひさまが東へ沈む」という赤塚不二夫原作の
アニメ「天才バカボン」の主題歌が頭に浮かんだ
というのが柔らかい頭の持ち主だなとまた感激。

日本もまだまだ大丈夫。(^∇^)

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る