プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日本の社会の安定性がやや保障された
感があります。

法律というものは、責任を求めたり、罰するのは
それによって社会秩序を守るためです。

その意味で、超高齢化社会において認知症介護、
さらには老々介護の問題が重くのしかかる日本に
おいてはこの最高裁判決は妥当と思われます。

認知症男性JR事故死 家族側が逆転勝訴 最高裁

愛知県大府市で認知症の男性(当時91歳)が
1人で外出して列車にはねられ死亡した事故を
巡り、JR東海が家族に約720万円の損害賠償
を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷
(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の家族に賠償
を命じた2審判決を破棄し、JR東海側の請求を
棄却した。家族側の逆転勝訴が確定した。


事故は2007(平成19)年12月7日、東海道本線
共和駅(愛知県)にある無施錠のホーム側
フェンス扉を通り抜けて線路に下りたことにより
発生。

男性は介護度4の重度の認知症であり、本人に
は責任能力が無いということで民法714条に基づき
家族に賠償責任があるとされていたもの。

第714条
前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない
 場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を
 負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償
  する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなか
 ったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであった
 ときは、この限りでない。


地裁判決については当ブログでもとりあげました。

JR東海:認知症事故と損害賠償 上田哲裁判長、電車遅れで遺族に損賠命令
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-2525.html


なにしろ地裁では同居もしていない長男までもが
賠償責任を負うべきとされたんですからひどいもの。

さすがに、名古屋高裁では長男は免責で妻が
責任を負うことになったんですが。

その理由が、
妻には自宅の外部に開放されている場所に夫と二人
でいるような場合には、A氏の動きに注意し、夫が徘徊
しそうなときには制止するか付き添うべきなどの対応を
とるべき注意義務があった、それにもかかわらず、妻は
夫と二人だけになっていたときにまどろんで目を離して
しまい、それが本件事故につながっているから注意義務
を怠った過失がある。


この妻も要介護1ですよ。老老介護の典型。なんで
数分まどろんだかというろ連日夜中までの介護で
疲れ切っていたからです。

民法714条は義務を怠らなかった場合は免責と
なっています。

裁判官が日本の介護の現状を知っているならば
この妻がまどろんだことを過失として賠償責任が
あるなどと見なすことはありえません。

法律解釈だけでなく、もし、こうした無原則にも近い
かたちで介護をする人に対しての過失認定をする
ことが認められればどうなるか。

明らかに、お金があれば施設送り、施設においても
またお金がなくて家にいても、被介護者を縛り付ける
ことしかなくなります。

果ては、殺してしますことさえしかねません。

今後ますます認知症が急速に増加することが
確実な日本の社会が地獄のようになってしまうのは
間違いありません。

その意味で、今回の最高裁の判決は、まだ十分読んでは
いませんが、結論として素晴らしいものと思います。o(^-^)o
まあ、日本だけではないだろうけど、
いくらでも冤罪は起こりえますね。

やはり、警察も検察も人間がやって
いるんだから、まっとうでない人間の
集団はちょっとやしょっとではよく
なるわけがない。

でも、こんな判決が出てよかったですね。

鹿児島・強姦事件 23歳被告に逆転無罪 高裁宮崎支部

鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に
暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた
男性(23)の控訴審判決で、福岡高裁宮崎
支部(岡田信=まこと=裁判長)は12日、
懲役4年の実刑判決とした1審・鹿児島地裁
判決(14年2月)を破棄し、逆転無罪を言い
渡した。控訴審で新たに行われたDNA型
鑑定で、女性の体内に残された精液から
被告とは別人の型が検出されたことが判明。
高裁宮崎支部は昨年3月に被告を保釈して
おり、判決が注目されていた。


なにしろ、滅茶苦茶な捜査でした。

被害女性の証言を鵜呑み?にして、最初から
証言に合わない証拠は無視したり、捨てる
なんてことをしていたんですから。

よくある?捏造はしていなかったようですが
まあ無罪の証拠を採用しなければ証言だけで
有罪になるのは当たり前。

と思っていたんですが、今回の裁判での内容を
見たら、DNAだけの問題ではありませんでした。

肝心の被害女性の証言がそもそも非現実的。

路上で暴行されたというのに、傷ひとつなく。
また、酔っ払って自転車に乗っていた容疑者が
片手で同じ体格の女性を100メートルも引きずる
とか。

県警、検察もすごいけど、こんな証拠、証言で
よくもまあ、一審は有罪判決を出したものだと
あきれかえってしまいます。

この鹿児島県というところ2003年の公職選挙法
違反事件ででっちあげをしたのでも有名になった
ところです。

馬鹿はしななきゃなおらないということでしょうが、
そんな輩に罪に問われるほうはたまったものでは
ありませんね。

高裁がだめでなくて本当によかったですね。
やはり政治家がおかしいと思います。

国民の全員が係ることであり、また現実社会
での大きな動きになっているようなことは
本来、国会でそうしたことに対応する法律を
作ったり、修正するのが基本です。

でも、国民の一部の代表がすべての代表で
あるかのような顔をしている今の国会では
民意を汲むことなどはできないでしょうね。

で、最高裁判決。

夫婦別姓・再婚禁止期間訴訟 再婚禁止100日超、違憲 夫婦同姓は合憲 最高裁初判断

夫婦別姓を認めず、女性だけに離婚後6カ月間の
再婚禁止期間を定めた民法の規定が違憲かどうか
が争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁
大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、「100日
を超えて再婚を禁じるのは過剰な制約で違憲」とし、
「夫婦同姓規定には合理性があり合憲」とする
初判断を示した。


DNA判定で実子かどうかを決める時代です。それが
わからないということで決めた明治時代の民法規定
など当然変えるべきでした。

最高裁も100日などと言わず、再婚禁止期間その
ものを違憲とすりゃあいいんです。

政治家に判断をまかさないとしているんですから。

一方の別姓問題。

選択的別姓制度が現在ありませんから、訴訟としては
同姓としなけらばならないとする法律が違憲であると
主張することになります。

15人のうち12人が男性という構成の最高裁判決では
やはり「女性側が不利益を受ける場合が多いと推認
できるが、通称使用の広がりで緩和されている」
という
ことになっちゃいますよね。

まして、最高裁の判事たちなんて社会の中で
の仕事なんて実感がないでしょうし。

ま、負い目なのか、選択的別姓制度については
「合理性がないと断ずるものではない」と消極的
賛成を言ってます。

ただ、女性判事3人は全員違憲と判断している
ことは注目すべきこと。

最高裁判事の構成が男女半々なら逆の判決だった
ということにもなるんですから。

とにかく、自民党政権を倒さないことには話に
ならないでしょうね。( ̄へ  ̄ 凸
毎度お騒がせですが。

ま、メディアもこういうことは気楽に
報道でき楽しいのでしょうね。

野々村・元兵庫県議:出廷せず 政活費詐取、初公判中止に 神戸地裁


カラ出張の繰り返しなどで政務活動費
約913万円をだまし取ったとして、詐欺
と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で
在宅起訴された元兵庫県議、野々村
竜太郎被告(49)は24日、神戸地裁
(佐茂剛裁判長)で予定されていた初
公判に出廷せず、公判は中止された。


在宅起訴とはいえ、起訴されて
出廷しないなんてさすが野々村
元議員という感じです。

もっとも、こういった罪ではあまり
起訴されることはありません。

検察もあまりに有名になったから
ということや、とても有権者の支持
する議員とはみなさないということで
起訴したんでしょう。

でも、まさか、メディアにおそれを
なして家から出てこないとは思い
もよらなかたのでは。o(^-^)o

罪は罪ですが、安倍の前では無罪
という判断を下したくなります。( ̄へ  ̄ 凸
死刑判決の再審では無く、無期懲役刑
確定後の再審裁判です。

東住吉放火殺人:無実訴え20年…元被告「正義の決定」

逮捕から20年と1カ月余り。「無実」の強い訴え
が再審への扉を再び開いた。
大阪市東住吉区で小学6年の女児(当時11歳)
が母親と内縁の夫の放火によって焼死したとさ
れた放火殺人事件で、大阪高裁は23日、大阪
地裁の再審開始の決定を支持した。無期懲役が
確定し、服役している青木恵子元被告(51)と
朴龍晧(ぼく・たつひろ)元被告(49)は弁護団
から報告を受け、喜びをかみしめた。


この事件の内容についてはこちらを。


東住吉放火殺人事件
http://www.jca.apc.org/~hs_enzai/


これも警察の予断による、違法捜査、お定まりの
過酷な尋問による自白とその後の否認という
典型的な冤罪事件のひとつです。

まあ、今回は地裁に続いて高裁も再審決定。

検察は上告するんでしょうね。

この事件は我が子を殺したと母親を逮捕した
というひどい内容。

是非無罪を勝ち取って欲しいし、司法の在り方を
変えて欲しいですね。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る