プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


不倫疑惑で民進党を離党し、無所属で当選
した山尾さんについての毎日の記事。

特集ワイド 山尾氏勝たせた女性の「現実」

意外な結果と言うべきなのか。既婚男性との交際疑惑が
週刊誌に報じられたことで民進党を離党し、無所属で
衆院選を戦った山尾志桜里さん(43)=愛知7区=が、
834票差で自民前職との大激戦を制した。


あくまで、まだ疑惑でしかありませんが、私は以前の
ブログ記事でも言いました。

民進党 山尾氏の離党届を受理
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-3947.html


実際の不倫があったとしても基本的には不倫そのものは
あくまで当事者の問題。

ただ、不倫の仕方というか、その政治家の姿勢というか、
そこから見える政治家の個人的資質が政治家の行動として
国民を結果としておろそかにするような傾向が見える場合は
政治家不適切として糾弾すればいいんだと思います。

聖職者じゃあるまいし、いや人間の弱さがわかるという意味
ではむしろ政治家に向いているかも知れませんね。

山尾氏は女性として、保育園問題を堂々と取り上げた、
そうした行動については働きながら子育てをする女性たち、
仕事をするなかでいろいろ差別を受けている女性たちは
山尾さんを支援するのだと思います。

第一、資質は顔に現れます。

豊田氏と山尾氏の顔をみればわかります。
なんとまあ、もったいない。

立憲の候補者足りず…自民に1議席「譲渡」 比例東海

 比例区の東海ブロックで立憲民主党の比例名簿の
候補が足りなくなり、本来獲得できた議席を自民党に
譲る結果となった。
 比例区の議席は各党の得票数を1、2、3と順に整数
で割り、商が大きい順に議席を割り振る「ドント式」で
配分される。
立憲は本来、東海ブロックで5議席を獲得するはずだった
が、比例名簿に載っていた6人の候補のうち2人が小選挙
区で当選したため、名簿に4人の名前しか残らなくなった。
候補を追加することはできず、議席の権利を放棄して
「譲渡」することになった。失った議席は次に商が大きかった、
自民党の8議席目に割り当てられ、この結果、愛知2区で
落選していた田畑毅氏が復活当選した。


今回立憲民主党は55人なので、残念ではあるけれど仕方が
ないですますことはできます。

もし、50人だったら大変でした。国会法では予算の伴う重要
法案を議員提案するには衆院では提案者本人と賛成者が
50人必要なんですから。

まあ、次回選挙はこういうことは起こらないと思いますけど。
衆院選の結果が出ました。

衆院選 自民大勝280超す 立憲躍進、野党第1党に

 第48回衆院選は22日、投開票され、定数465
(小選挙区289、比例代表176)に対し、自民党と
公明党は衆院の3分の2に当たる310を超える議席
を確保した。
立憲民主党は公示前議席を大きく上回り、野党第1党
となることが決まった。
希望の党は公示前の57議席を維持できず、共産党も
議席を減らした。安倍晋三首相は、今回の衆院選の
勝敗ラインを「与党で過半数」としており、来月1日に
召集予定の特別国会の首相指名選挙で再び選出され、
第4次安倍内閣が発足する見通しだ。


私が今回フルに選挙応援した東京6区の立憲民主党候補の
落合貴之さんは午前2時までの自民党越智候補との接戦の
すえ小選挙区勝利。

立憲民主党は78の候補で現在55議席と大躍進となりました。

それに対して希望の党は小池さんの作戦ミスで敗退。

衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ

 希望の党は公示前勢力の57議席を維持できず
敗北したことで、党内が動揺している。結党メンバーも
多くが落選し、立て直しは難航が必至だ。
小池百合子代表への不満も相次ぎ、混迷は深まって
いる。希望との合流を決断した民進党の前原誠司
代表は辞任する意向を示した。


今回、自民党の勝利をもたらす原因を作った希望の党
ですが、結果として国民が一緒に政治を行うこととなった
立憲民主党の結成の原因を作ったという意味で、日本の
真の民主主義育成に貢献したということで評価します。(^∇^)
衆院選の街頭での選挙運動も早くも最終日です。

当初の「3極」というメディアの取り上げ方については、
メディアはいまだに言っていても有権者にはかなり
「2極」という形で見えるようになってきたようです。

すでにこのブログでも申し上げたように、個々の
政策については、間違えが明瞭になれば直す
ことができます。

しかし、日本の国、日本の国民のめざす方向が
安倍によって根底から変えられようとしており、
それについては小池都知事はむしろそれ以上を
狙っているのかも知れない状況にあっては、
個別政策課題は考慮するレベルにはないと思い
ます。

わけのわからない「強い国」を大切にするか、
「国民」を大切にするか。

日本のことだけを考え、世界の平和を崩壊させる
ことに手を貸すための軍事力外交を行うか、
世界唯一の被爆国という立場で核を廃絶する
方向で対話外交で世界の平和を守っていこうと
するのか。それによって世界の人々の暮らしと
ともに日本の暮らしもよい方向にするのか。

またもっとも大切な、国民によって選ばれたはずの
政治トップ、政治権力が勝手なことをしないように
するために憲法を制定し、それを遵守させるように
今一度立憲主義を思い起こすか。

こうした考えであれば、自民公明希望維新勢力と
立憲民主党を中心とする勢力との2極化である
ことは明らかでしょう。

とはいえ、この記事のように、安倍によって何度も
だまされた国民です。

衆院選2017 戦術パターン化 経済を優先→保守的政策の推進 安倍政権5年、選挙後に切り替え

 第2次安倍政権の発足からまもなく5年。政権を
奪還した2012年12月から3回目の衆院選が
22日に投開票される。
この間、重要な選挙が毎年あり、そのたびに経済
優先モードを前面に押し出してきた安倍晋三首相。
しかし、選挙が終わると、国民の賛否が割れる
保守色の強い政策を進めるパターンを繰り返す。
今回の衆院選で宿願の憲法改正にはほとんど
言及していないが、選挙後に強く進めようとする
のではないかとの見方が絶えない。


悲しいことに、こうした国民を愚弄するというより
主権在民など知ったことではない安倍がまたまた
勝ってしまうのは確実ですね。

唯一、「立憲」の名を冠する立憲民主党が勢力を
拡大することによって安倍に対し、少しでも国民の
気持ちを見せつけることしかないでしょうね。
昨日は東京6区の落合貴之立憲民主党候補の
選挙応援に出かける前に期日前投票をいたしました。

毎回期日前投票をしていますが、今回は
投票所に言ってびっくり、明らかに投票する
人数が大幅に増えています、時間帯による
とは思いますが、感じとして2倍以上。

記事でもどうやら全国的なよう。

期日前投票52%増、最多ペース=公示翌日から5日間【17衆院選】

 総務省は16日、衆院選(22日投開票)の期日前
投票の中間状況(選挙区)を発表した。11日の公示
翌日から15日まで5日間の投票者数は410万7108人で、
前回2014年衆院選の同期間に比べ52.1%増となった。
全有権者数の3.9%に当たり、衆院選の期日前投票とし
ては過去最多のペースだ。


福井、新潟、島根、岐阜、茨城の5県では前回の2倍。
前回比でマイナスはなく、伸び率が最も低い広島県でも
22.1%増だったそうです。

東京6区の落合貴之議員の選挙応援で政策ビラを配って
いてももう期日前投票をしたよと声をかけてくれる支持者の
かたが何人もいました。

選管では制度が知れ渡り、また商店街など身近なところに
投票所が設置されたからではということですが。

有権者の意識が今回の選挙は重要であると感じたから
ではないかと。

新聞報道などを受けて安倍信任となるのはまずいという
ことで期日前をしてくれているといいんですが。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る