fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


ほぼトラと言っているが、共和党候補の
意味でしかない。

共和党にも、無党派層にも反トランプが
いることを忘れてはならないでしょう。

“共和の非トランプ”なお4割 「トランプ氏の懸念」払拭されず

 米大統領選に向けた共和党候補指名争いで、ドナルド・
トランプ前大統領(77)がニッキー・ヘイリー元国連大使
(52)を破り、南部サウスカロライナ州予備選も制した。
11月の本選は民主党のジョー・バイデン大統領(81)との
対決になりそうだが、笹川平和財団の渡部恒雄上席
研究員は「まだ『ほぼトラ』だとは言えない状況だ」と指摘する。
 保守的で共和党が強いとされるサウスカロライナ州で、
敗れたとはいえヘイリー元国連大使がトランプ前大統領を
相手に4割もの得票を得たというのは重要な意味を持つ。
トランプ氏や、ライバルの民主党は「共和党は『トランプ党』
になった」と宣伝するが、「トランプ党」ではない人たちが
4割もいることを示したからだ。トランプ氏が必ずしも幅広い
層に浸透しているわけではないことが改めて浮き彫りとなった。
 民主党のバイデン大統領との再戦になる可能性がある
11月の本選では、無党派層の票の取り合いを制した方が
勝つ。ヘイリー氏の支持者の中にはトランプ氏を嫌っている
人もいれば、「トランプ氏は予備選で強くても、本選では
無党派層の票が取れない」という人もいる。トランプ氏は、
こうした人たちの懸念をサウスカロライナ州でも拭うことは
できなかった。



<参考>

アメリカの民主党支持者、共和党支持者よりも大きい「無党派」
https://cigs.canon/article/20240206_7872.html









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/6268-8e635214

 | ホーム | 


FXで斬る