fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


私には縁がないのは、肩こりと冷え性、
もっとも感じていないだけかも知れません

知人の女性に冷え性の方もかなりいますが
なかなか治るものではないような気も。

今回ご紹介の記事。

漢方と遺伝子研究という取り合わせが
なかなか面白い。

冷え性が遺伝性と言われると治らない
かと思いますが、逆に現在の遺伝子
研究から効果的な治療の可能性も。

冷え症の遺伝的要因を発見 慶応大研究チーム、1000人超を解析

 冷え症に関係する遺伝的要因を発見したと、慶応大漢方
医学センターの呉雪峰(ごせっぽう)研究員らの研究チーム
が英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。
将来的に、遺伝子検査結果を踏まえて効果的な治療法を
提示できる可能性がある成果だという。
 民間会社の遺伝子検査を利用した20~59歳の日本人
女性のうち、研究に同意を得た1111人を対象に解析した。
アンケートで「冷え」の症状や負担感を調査したうえで、
冷えの症状がある599人とない人について、ゲノム上の
塩基を比較した。
 その結果、冷えの症状を抱えた人では、温度の感じ方に
関係するたんぱく質「TRPM2」「KCNK2」などの遺伝子で
塩基の異なりがみられた。この違いが、冷えに関連する
たんぱく質の発現量を変化させ、冷えのリスクを高めて
いると考えられるという。また、一部の生薬がこの
たんぱく質に作用するとのデータがあり、治療方法の
選択に役立つ可能性があるという。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/6255-dbc2a908

 | ホーム | 


FXで斬る