FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


具体的な方法については論文を読んで
いないのでわかりませんが、またまた
医学が進歩したってことでしょうか。

ヒトのiPS細胞から胚盤胞 新たな生命つくる可能性も

 ヒトのiPS細胞やES細胞から、受精卵が胎児になる
初期段階である「胚盤胞(はいばんほう)」を世界で
初めてつくったと、米国とオーストラリアのチームが
それぞれ発表した。将来的に、細胞から生命を新た
につくる技術につながる可能性があり、倫理的な
課題も残る。18日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。
 iPS細胞やES細胞から胚盤胞をつくることは、これ
まで難しいとされてきた。だが今回、米国のチームは
ES細胞を使って、オーストラリアのチームは皮膚の
もとになる細胞からiPS細胞をつくって、それぞれ
胚盤胞をつくることに成功した。構造や遺伝子が
本物と似ていた。いずれも従来より変化が進んで
いない状態にした細胞を使うことで、可能にした。


バイオハザードでもクローンが登場していますが、
クローン羊などは卵子の中の核を取り換えるという
方法です。

今回は全くの自前ですから、進歩するば自分と
同じ完全なクローンができるということでしょうか。

一応、今回の胚盤胞は疑似胚盤胞というべきもので
名前も英語で胚盤胞を示す「ブラストシスト」から
「ブラストイド」と呼ばれていて、本物とは違い、子宮に
移植しても赤ちゃんには成長できないとみられます。

ただ、このブラストイドを利用すれば不妊治療の
体外受精の改良が進み、また難病の原因遺伝子の
解明、治療法や新薬の開発にも役立つそうです。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/5221-5d0f4edb

 | ホーム | 


FXで斬る