FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


この研究が何の役に立つのかという質問は、研究姿勢と
いうものが本質的に理解できな凡人の発想と思いましょう。

少なくとも、飲み屋でこの新解釈を披露できますよ。o(^-^)o

「ヘビににらまれたカエル」は怖がっていなかった? 京大チームが新解釈

 恐ろしさで身がすくむ状態の例えとして知られる「ヘビに
にらまれたカエル」。この慣用句の意味が塗り替えられる
かもしれない新事実を、京都大の研究チームが突き止めた。
カエルが天敵のヘビを前に動かないのは尻込みではなく、
駆け引きの結果だった。にらみ合う両者の間には生き残り
や捕食をかけた高度な戦略が隠されていた。
ー中略ー
 実験の結果、カエルはいったん跳躍すると空中で進路を
変えられず、ヘビに動きを読まれて捕まる恐れがあること
が分かった。一方、ヘビもかみつく際に折り曲げた体を一気
に伸ばすため、先に動くと方向転換できずカエルによけられ
やすい。かみつきに失敗すると体が0・4秒前後硬直し、カエル
を追走できないことも判明した。
 さらに、カエルがヘビの先制攻撃をかわせない距離(5〜10
センチ)では、両者ともに先に仕掛ける動きを見せた。両者は
相手との距離に応じて生き残りと捕食をかけた戦術を練り、
先手か後手かを巧みに使い分けることで、状況によって我慢
比べのような足踏み状態になっていることが明らかになったという。


まあ、当然といえば当然。本当にすくんでいるなら蛇はさっさと
食べちゃうでしょうし。

自然界も昔の武芸者も生死をかけた戦いではお互い相手の
動きを見極めるためにへたな動きをしませんからね。

カエルは武芸者だったんです。o(^-^)o




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/4970-358da49f

 | ホーム | 


FXで斬る