FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


人類史上での超新線爆発と言われるのは、1054年。

藤原定家が自身の日記『明月記』に記録しています。

その残骸が、地球からの距離はおよそ7000光年に
あるカニ星雲です。

この途轍もなく広く、138億年もの歴史を持つ宇宙の
中で、たかだか1万年以下の歴史しか持っていない
人類が超新星爆発を見ることができるなどほとんど
ありえません。

ところが、もしかして、数日後にも見ることができる
可能性があるようです。

オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

冬の夜空に明るく輝くオリオン座の「ベテルギウス」が昨秋
から暗くなっている。もともと明るさが変わる変光星だが、
通常の範囲を外れた暗さだとの情報が出回り、寿命が尽き
て超新星爆発を起こすのでは、とインターネット上で話題に
なった。だが専門家は否定的だ。
 オリオン座はギリシャ神話の狩人オリオンがモデルで、
ベテルギウスは右肩の赤い星。質量は太陽の約20倍、
約1千万年の寿命のうち9割を過ぎたとみられる。爆発すれ
ば天の川銀河で約400年ぶりの超新星で、月ほど明るく
なった後、見えなくなる可能性がある。


とはいえ、専門家も懐疑的ですし、爆発があったとしても
数十万年後かも知れません。

宇宙的規模では数日も数十万年も同じですからね。o(^-^)o





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/4803-4e7d7bbc

 | ホーム | 


FXで斬る