FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


いろいろな研究があるものです。

まずは、ご紹介する記事の内容の前に研究で
すでに分かっていること。

「クロストリジウム・ラモーサム」という菌が腸内にいるん
ですが、これは高脂肪食を食べると増殖して糖の取り
込みを増やす性質があります。

要はこの菌が原因で肥満することがあるってこと。

で、記事です。

新ワクチン 大阪市立大チームが技術開発 粘膜で働く抗体 肥満細菌に応用可

 口や気管、腸などの粘膜で大量の抗体を作らせ、細菌や
ウイルスの侵入を水際で阻止できるワクチン技術を開発し
たと、大阪市立大の研究チームが23日発表した。
この技術で肥満に関わる腸内細菌を狙い撃ちすれば、
肥満を予防、改善する“肥満ワクチン”も可能だ。マウス
実験で既に、肺炎球菌の感染防止や肥満改善などの効果
を確認しており、人への応用を進めている。


従来のワクチンは血液中で病原体の増殖を増やすことを
抑制していたのでそもそも病原体の侵入は止められなかった
んです。

まあ、肥満と病原体とは違うのでわざわざワクチンで肥満を
抑えなくてもと思いますが、新しい考え方のワクチンである
ことが大切なんです。

こちらの記事は肥満に絞っているのでわかりやすかも
知れません。

「肥満ワクチン」開発に光 マウスの腸内細菌減らしたら
https://www.asahi.com/articles/ASM8Q633NM8QPLBJ007.html


 大阪市立大や東京大などの研究チームが23日、肥満に
関連する腸内細菌をワクチン注射で減らしたところ、高脂肪
食を与えたマウスの体重増加を抑えられたと発表した。
食べても太りにくい「肥満ワクチン」につながる可能性がある
という。米消化器病学会誌に掲載された。
 チームは、肥満や糖尿病との関連が報告されている腸内
細菌(クロストリジウム・ラモーサム)に注目。腸の粘膜で
免疫を活性化させるワクチンをつくった。


もともとの研究発表はこちらです。

夢の肥満ワクチン、糖尿病ワクチンの開発へ
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2019/190823-2





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/4655-8a1cd9bf

 | ホーム | 


FXで斬る