FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日本の責任も重いんだから、軍事予算の
ほんの一部を回せばいいのに。

世界に貢献できます。

そもそも、プラゴミを出さない努力が大切
なんですが。

太平洋プラごみ 巨大回収装置「出航」 5年間で半減構想

海のプラスチックごみを回収する巨大な浮遊装置が
8日、米国本土とハワイ沖の間の海域「太平洋ごみ
ベルト」に向け、米西部サンフランシスコ湾を「出航」した。
オランダの非営利組織(NGO)「オーシャン・クリーン
アップ」が計画。太平洋ごみベルトのプラごみを5年間で
半減させる構想だ。


実現はそう簡単にはいかないと思いますが、でも
開始すればその中で進展が可能となります。

すごいのはNGOを、海のプラごみ削減を目的にオランダ人
の発明家ボイヤン・スラット氏が2013年に18歳で設立。

遂に実行できるまでに。

費用は約2000万ユーロ(25億6000万円)ですよ。

寄付や企業の協賛金でまかなったそうです。

日本は次の記事のように責任があるんです。( ̄へ  ̄ 凸

太平洋 「プラごみベルト」総重量8万トン 日本から3割


 北太平洋の米カリフォルニア州沖からハワイ沖に、
海を漂うプラスチックごみが集まる「太平洋ごみベルト」
と呼ばれる海域があり、ごみの総重量が約7万9000
トンに達するとの推計をオランダなどの研究グループが
20日までにまとめた。
細かく砕かれた微粒子「マイクロプラスチック」を中心に
1兆8000億個が漂うと試算している。生態系への
影響が懸念され、削減のための国際的な協力体制の
構築が課題となる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/4312-9b2c898c

 | ホーム | 


FXで斬る