プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


春や来し年や行きけん小晦日
            松尾芭蕉


寛文2年の作で、芭蕉のもっとも制作年代が古い
ものです。

旧暦ではこの年は立春が12月29日
だったので、お正月より春が早いという
ことを詠んだもの。

同じ趣旨の和歌がこちら。

年の内に春は来にけり一年を
去年とや言はん今年とや言はん
         在原元方『古今集』


旧暦では29日ですが新暦では今日の
12月30日が小晦日(こつごもり)ですね。

明日は大晦日、来年はとり年です。

それにちなんで、このニュース。

ダチョウの祖先は飛べた DNA解析で新説、小型と推定

ダチョウなど飛べない鳥のグループ「走鳥類」の
祖先は、北半球にすむ飛べる鳥だった、という
新説を日本、中国、デンマークなどの国際研究
チームが発表した。
マダガスカルで絶滅した巨大な鳥の骨のDNA
解析から、走鳥類の起源は南半球にあったと
いう従来の通説を覆した。
米科学誌カレントバイオロジーに論文が掲載された。


南半球にのみに生息している走鳥類(平胸類)は
敵となる哺乳類がいないため、大型化しています。

ところがDNA解析の結果、祖先は北半球で化石が
見つかっている飛ぶ鳥の特徴を持つ鳥類「リトルニス」に
近く、体重が2~5キロ程度と小型だったという推定結果
が出たんですね。

やはり、先祖は空を飛べたのが大きくなって飛べ
なくなったということのよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3695-e97af98d

 | ホーム | 


FXで斬る