プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


マティーニや トム・コリンズは
有名なカクテルです。

私はお酒は好きですが、若いころは
ものめずらしさでいろんなカクテルに
トライしたものの、これらはジンベース
で今はあまり飲みません。

まあ、ジンベースのカクテルといえば
当然、ジントニックやジンバック。

そうそう、今はウォッカベースが普通の
ソルティードッグ。

生まれたのは、1940年代のイギリス。

当時は、ジンをグレープフルーツ・ジュースで
割り、塩をひとつまみ入れてからシェイクする
というものだったそうです。

なんでこんなことを書いたかとういと
こんな記事を読んだから。

英国で風変わりなジンが人気、クラフト醸造所も急増

英国では、伝統的な酒「ジン」に、一風変わった
材料を使う新世代のジンが登場し人気を呼んでいる。
海藻、ルバーブ、クリスマスプディング、そして
アリまで、さまざまな材料が使われる。英国では
こうした小規模なクラフトジンの醸造所が急増して
おり、250カ所ある醸造所のうち100カ所がこの
2年以内に設立された。


いくらなんでも「アリ」なんてあり?

どうして増えたかというと、ウイスキーを作るには
最低3年もかかりますが、同じ設備でジンは
わずか1週間でできるんです。

ウィスキーの熟成を待つ間にジンをどんどん
作れるからなんですね。

いつもはウィスキーバックを飲んでいるん
ですが、こんどジンバックを久しぶりに
飲んでみましょうか。(^∇^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3681-5612af7a

 | ホーム | 


FXで斬る