プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


ノーベル化学賞はなんとなく分かりやすい。

何しろ分子レベルの大きさで機械を
作れれば「超小型」という名前での
かっこいいものになると直感的に
わかります。
ノーベル化学賞
今回の受賞者は右の写真の、
フランス・ストラスブール大の
ジャンピエール・ソバージュ
名誉教授(71)、米ノース
ウエスタン大のフレーザー・
ストダート教授(74)、オランダ・
フローニンゲン大のベルナルド・
フェリンガ教授(65)。

記事です。

ノーベル賞 化学賞に欧米3氏 分子機械の設計と合成

 スウェーデン王立科学アカデミーは5日、
2016年のノーベル化学賞を欧米の3氏に
贈ると発表した。
受賞理由は「分子機械の設計と合成」。
機械のように動く分子を人工的に効率
よく合成することに成功し、コンピューター
の超小型化やナノメートル(1ミリの100万
分の1)サイズの機械開発への応用につな
がることが評価された。


記事の中にあるコンピュータの超小型は
やや疑問。

小さいだろうけれど、速さは疑問ですから
今回の物理学賞受賞の量子コンピュータへの
応用のほうが期待できます。

それより受賞理由で「化学に新たな分野を切り
開いた。分子モーターによる機械は、新たな
材料やセンサー、エネルギー貯蔵システムなど
への応用が期待される」とありますからね。

要はコンピュータでなく機械です。(^∇^)

三氏のうち、ソバージュ氏は1983年、二つの輪が
知恵の輪のように結びついた構造の分子機械
「カテナン」を、従来より確実性が高い手法で合成し、
ストダート氏は、ダンベルの軸に輪が通った構造を
した分子機械「ロタキサン」の研究を進め、輪の
位置を上下に動かせるようにした結果、「分子
エレベーター」の開発につながりました。

また、フェリンガ氏は、史上初めての分子モーター
を開発した。1999年、フェリンガ氏は同じ方向に
継続的に回転する分子で作られた回転翼の開発に
成功。さらに、分子モーターを使ってナノ自動車を
デザインしちゃったんですね。

王立科学アカデミーは発表の中で、「分子モーターは、
科学者たちがさまざまな回転するクランクや車輪を
披露した1830年代の電気モーターと、同じ段階にある。
(当時の科学者たちは)それらが電車や洗濯機、
ファン、フードプロセッサーなどにつながることに気付い
ていなかった」とし、今後の大きな発展に期待が
できるとしています。(^∇^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3614-f7535ee1

 | ホーム | 


FXで斬る