プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


成人を18歳にすることに伴い、男女平等だから
このような民法改正をするっていうのは論理的に
おかしいのでは?

民法 女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

親の同意があれば結婚できる女性の年齢の
下限を定める民法の規定について、法務省が
現行の16歳から18歳に引き上げる方向で
検討していることが分かった。
金田勝年法相は2日の閣議後記者会見で
「民法の成人年齢引き下げとあわせて検討し
ていく必要がある」と述べた。


民法では、
731条(婚姻適齢)
男は、18歳に、女は16歳にならなければ、婚姻をすることができない。


その上で、
737条
①未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。


と定めています。

身体的成熟の違いがあるとの理由で
結婚年齢に差をつけ、その上で未成年は
親の許可が必要ということなんです。

で、今回成年の定義を18歳に変更をする
中で、男女平等にしようということで?
女性の結婚年齢を16歳から18歳にする
というんですが。

そもそも、身体的成熟度の違いという
理由であったなら、男女平等という考え
とは関係ないものではないかと思います。

さらに、親の承諾という考えの737条の
意味は成人でなくても結婚することは
ありうるという社会的通念であって、
それは国家が個人同士による結婚を
制限することのおかしさを、親の許諾と
いうことで調整しているようなもの。

いままで、女性は16歳で結婚できて
いたものを18歳に引き上げるというのは
男女平等に名を借りた国家による権利の
制限ともいえますね。

男女平等を言いたいのなら、従来の
法体系からすれば737条をそのままにして
男性も16歳で結婚可能にするのが妥当。

それをおかしいというのなら、そもそも
結婚年齢において男女差を認めている
ことであり、男女平等の論理をふりかざす
こと自体ナンセンスです。

今回の民法改正の動きはよく意味が
わかりません。( ̄へ  ̄ 凸
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3580-842b839e

 | ホーム | 


FXで斬る