プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


選挙年齢が18歳になったので
民法が改正されることになりました。

成人18歳 20年にも 民法改正案、来年提出

 法務省は1日、民法の成人年齢を現行の
20歳から18歳に引き下げるための改正案を
来年の通常国会に提出する方針を固めた。
改正法が成立した場合、施行までに3年間の
周知期間を想定しており、早ければ2020年
にも成人年齢が18歳になる。
1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳
になった成人の定義が変わる。


権利と義務のバランスというか、大人としての
権利が認められればおのずと責任感が生まれ、
またそれにより大人として犯してはならない、
罰を与えることは妥当です。

少年法のもと、20歳以下の少年に死刑判決を
下すことは私は全く認めることはできません。

権利を与えず義務、罰だけを強化することなど
法の下の平等をうたう民主国家においては
ありえないことだからです。

その意味で、今回の民法の変更において
権利の拡大はいいんですが、義務、罰に
ついては、関連する重要法規のすべての
権利について成人を18歳以上とするまでは
20歳未満には適用するべきではないと
思います。

<参考>

【民法の成人年齢引き下げによる主な変化】

・ローン契約→18、19歳で可能

・クレジットカード契約→18、19歳で可能

・飲酒→18歳以上に認めるには法改正が必要

・喫煙→18歳以上に認めるには法改正が必要

・競馬、競艇、競輪→所管省庁が検討

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3578-2fc22a54

 | ホーム | 


FXで斬る