プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日本の技術の素晴らしさの一つの
証明でもありますね。(*^▽^*)

ニホニウム  「研究は国民に支えられ…日本にちなんだ」

原子番号113番の新元素を合成し、「ニホニウム」
との命名案を公表した理化学研究所チームの森田
浩介グループディレクター(59)らが9日午前、埼玉
県和光市の同研究所で記者会見した。
「研究が国民に支えられていることを表すため日本
にちなんだ」と命名理由を説明。「(命名できて)国民
に恩返しできた」と喜びをかみしめた。


原子番号が113ですから、陽子の数が113個と
いうこと。

ですから、それを作るには二つの原子を融合させれ
ばいいんです。

理研はそのため原子番号80のビスマスに原子番号
13の亜鉛を高速でぶつけて無理やりひっつけようと
したんですね。

といっても、強ければ壊れるし、弱ければ引っ付き
ません。

2003年9月から実験を開始して10か月後にようやく
初めて、2個目は2005年4月、確証を得られることに
なった3個目は12年8月です。

その間なんと360兆回も衝突させたんです。

360兆回ってどのくらいすごいか。

9年間ですから、1年365日、1日24時間、
1時間3600秒とすると、1秒間に何回か。

127万回ですよ。\(゜□゜)/

こうなると実験では相当電気を使います。

あの東日本大震災の後、電力制限のある
中実験を続けたわけですから、森田さんは、
2012年9月に発表した論文の中で
「東日本大震災と原発事故の被災者に
ささげる」と記したそうです。

とにもかくにもおめでとうございます。m(_ _ )m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3493-66c4da29

 | ホーム | 


FXで斬る