プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


ちょっとばかりというか、大変に心配な
世の中になりそうことが現実的に。o(;△;)o

明治安田生命 遺伝情報、保険に活用検討 病気リスクで料金に差も


大手生保の明治安田生命保険が、人の遺伝子の
情報を保険サービスに活用する検討に入ることが
1日、分かった。
病気の発症リスクを分析し、予防に活用する取り
組みなどが想定される。ただ、遺伝子は生涯変わ
らない究極の個人情報。情報管理や、遺伝子に
基づく差別の懸念など倫理的な問題をはらんでおり、
同社は専門家も交えて慎重に検討する。


病気予防サービスなんてのは二次的で
死亡、病気リスクの高い人間については
加入拒否なり、高額な保険料にしようと
いうのが本音です。

まあ、生命保険なり損害保険というものは
完全に統計学を前提にしていますから、
今でも、年齢による違いや、病歴、事故歴
の違いで加入条件が大きくことなっています。

ですから、本人自己申告など不完全情報
に基づかなくて済む、こういう方向に進んで
いくのは極めて自然なことなんでしょう。

けれども、まだ民間会社ならまだしも、こうした
ことが社会一般に蔓延するとどうなるか。

今ですら、遺伝子情報によって、子供を産む
のをやめたり、ガンを恐れて乳房切除を
したりする動きがあるんですから。

やがてはデストピア(dystopia)社会の実現です。

人間が遺伝子情報の違いで危険人物として常時
監視されたり、就職制限などの差別をされ、それ
どころか、結婚相手を制限されたり、そもそも
結婚を禁止されたりするようなことが起こるかも
知れません。

人種差別撤廃条約が求めるものと真逆の
社会の実現ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3424-f9a6d2bb

 | ホーム | 


FXで斬る