プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


自然界の多様性とか社会における
多様性ということが重要だと言われて
います。

ちょっと違った意味ではありますけど、
アリやハチのような社会だと人間性が
無い社会みたいにも言われます。

なんと、アリの世界も人間と価値観が
同じだったのではと。



怠けアリ 集団存続に貢献 勤勉アリの「交代要員」 北大など確認


コロニー(集団)の中に必ず2?3割いる働かない

働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったとき
に代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だ
との研究成果を、北海道大などの研究チームが
16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」
に発表した。


これまでの研究では、働かないアリが一定割合
現れることが確認され、それが謎だったんです。

まあ、人間社会でも怠け者が必ずいるわけで
すから、ひとのことを言えるわけではありませんが。

今回の研究では、大きく二つのことがわかり
ました。

まずは、8コロニーの個々のアリの行動を1か月
以上わたって観察した結果、最初よく働いていた
アリが休むようになると、働かなかったアリが
動き始めることを確認。

さらに、コンピュータシミュレーションによって、
皆真面目に働くアリと、まちまちのアリがいる
グループを比較jすると勤勉なアリだけの場合は
コロニーが早く滅びることもわかったんです。

まあ、人間の場合、怠け者が働き出すかどうかは
謎ですが、少なくとも余裕のある社会という言葉
事態がその正しさを物語っています。

「総活躍社会」という言葉、勤勉なアリばかりの
社会を想起させますね。



<参考>

働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明
http://www.hokudai.ac.jp/news/160217_agr_pr.pdf


Lazy workers are necessary for long-term sustainability in insect societies
http://www.nature.com/articles/srep20846

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3379-6a339ba3

 | ホーム | 


FXで斬る