プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


当事者の毎日新聞がようやく記事に
しましたね。

報道番組批判・意見広告:放送法「政治的公平」 識者の見解は
偏向意見広告
報道番組のキャスターが安全
保障関連法成立直前に廃案を
訴えたことを批判する意見広告
が、読売新聞と産経新聞に掲載
された。
番組編集にあたって「政治的
公平性」などを求めている放送法
の規定を根拠にしたものだ。
一方で、放送法は「放送の不偏
不党、真実及び自律を保障する
ことによつて、放送による表現の
自由を確保すること」を原則に
掲げている。


この広告が出たのは11月14日に
産経、15日に読売新聞。

「放送法遵守を求める視聴者の会」と
いう団体ですが、事実上の代表の
小川榮太郎氏は『約束の日 安倍晋三
試論』(幻冬舎)なんて書いた、バリバリ
の安倍応援派。

さらに、会のメンバーをあげると。

すぎやまこういち/代表(作曲家)、
渡部昇一(上智大学名誉教授)、
渡辺利夫(拓殖大学総長)、
鍵山秀三郎(株式会社イエローハット創業者)、
ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士・タレント)、
上念司(経済評論家)、
小川榮太郞(文藝評論家)


よくもこれだけ集めたものだという
安倍シンパ、新右翼。

このうち4人は「今こそ憲法改正を!武道館
1万人大会」の呼びかけ人ですから念が
いってます。

ところで、彼らのいう政治的公平というのは
メディアは政治的意見を言うべきでないと
いうもの。

メディアとくにジャーナリストは本来自分の
意見をはっきりと表明した上で、反対意見
なども取り上げて、視聴者、読者に判断
させるというのが使命です。

ですから、今は死語となった「社会の木鐸」
と言われていました。

メディアが政府批判も何も言わなければ、
封建時代と同じ、お上のするがままに
なるのは当然。

ま、現代の北朝鮮、中国ということになり
ます。

で、当然、毎日新聞はこうした安倍シンパの
意見に対して速やかに反論すべきでしたが
今日まで明確な姿勢を見せていませんでした。

何故、今日出したか。

実は、あろうことか、この意見広告にした
がって、TBSの『NEWS23』のアンカーの
岸井成格氏の降坂を決めたという情報が
流れ、TBS、毎日への批判が高まった
からなんでしょう。

それについての記事をご紹介。

『NEWS23』でキャスター岸井成格の降板が決定の情報!「安保法制批判は放送法違反」の意見広告にTBSが屈服?
http://lite-ra.com/2015/11/post-1718.html


今の世の中、政府批判の記事は激減し、
さらに国会デモを報道しないし、国会中継
でも安倍、自民の問題発言は報道しない、
さらには天皇の憲法護持のご発言も
報道しないなど、極めて安倍擁護の
偏向姿勢を強めています。

ほとんど、戦争前の報道規制の方向へ
まっしぐら。

でも、昔と違うのはネットの存在。

どんどん、ネットで情報を流していき
たいと思います。

なお、関連記事も二つ紹介しておきます。

『NEWS23』岸井は放送法違反じゃない、『ミヤネ屋』宮根と日テレ青山の露骨な安倍応援こそ「知る権利」の妨害だ!
http://lite-ra.com/2015/11/post-1733.html

『NEWS23』岸井攻撃の意見広告を出した団体の正体! 謎の資金源、安倍首相、生長の家、日本会議との関係
http://lite-ra.com/2015/11/post-1725.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3300-706632e8

 | ホーム | 


FXで斬る