プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


安倍首相は今上天皇のことを
ますます嫌いになったでしょうね。o(^-^)o

今日は終戦記念日。

天皇陛下の素晴らしいお言葉。

終戦の日:天皇陛下「深い反省」…全国戦没者追悼式

70回目の終戦記念日の15日、政府主催の
全国戦没者追悼式が東京都千代田区の
日本武道館で正午前から開かれ、天皇、
皇后両陛下や遺族ら約7000人が参列した。
安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して
繰り返さない」と不戦を誓った。
天皇陛下は、おことばで「さきの大戦に対する
深い反省」に戦没者追悼式で初めて言及された。


昨夜の安倍首相の戦後70年談話を受けて
のことかも知れません。

昨日の談話では、当初の安倍首相のもくろみ
からはかなり後退したとはいえ、日本国家として
の直接謝罪なり反省という形ではなく、評論家
的評価を述べることによって日本国の侵略という
事実を認めるという消極的なもの。

天皇陛下のお言葉は日本の首相のあいまいさを
世界に対してはっきりと訂正したともとれるもので
素晴らしいことと思います。

その安倍談話ですが。

70年談話:安倍カラーを抑制 支持率急落受け軟化

安倍晋三首相は戦後70年談話で、内閣
支持率の低下など政権基盤の揺らぎを
背景に「安倍カラー」を抑制した。
首相は当初、未来志向を前面に出す意向
だったが、安全保障関連法案の審議への
影響や連立を組む公明党への配慮などから、
談話の大半を歴史認識にさいた。
ただ、村山談話の「侵略」「植民地支配」
「おわび」などの「キーワード」は首相自身
の歴史認識としては示さなかった。


安倍は「侵略」なんてなかったと心底思って
いますから、上にも述べたように。

「日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の
上に築こうとした「新しい国際秩序」への
「挑戦者」となっていった。進むべき針路を
誤り、戦争への道を進んで行きました。」


などと、「誰かさんが言ってるみたい」という
表現をとっています。

私が特に白々しい談話と思ったのは。

「私たちは、自らの行き詰まりを力によって
打開しようとした過去を、この胸に刻み続け
ます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、
法の支配を尊重し、力の行使ではなく、
平和的・外交的に解決すべきである。
この原則を、これからも堅く守り、世界の国々
にも働きかけてまいります。」


日本国憲法、国際連合憲章がうたう
平和主義を堅持するということを口に
出すそばから、集団的自衛権というt
武力による紛争解決をしようという
法案を通そうとしているんですからね。

この談話は要は世間の目くらまし。

安倍にとっても、本来は侵略など
なかったと言いたかったに違いあり
ません。

となると、安倍にとっても、日本国民に
とってもこんな70年談話を出す必要は
なかったんではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3193-5f258fbb

 | ホーム | 


FXで斬る