プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


今日の毎日の社説です。

社説:安保転換を問う きょう採決 歴史に責任負えるのか

安全保障関連法案をめぐり国会が重大な
局面を迎えている。衆院平和安全法制
特別委員会の浜田靖一委員長は15日に
採決に踏み切ることを職権で決めた。
反発する野党側と与党の対立が強まって
いる。
ー中略ー
首相は歴史に責任を負えるのか。国会に
汚点を残してはならない。


他社の社説をチェックしました。

朝日の社説:「違憲」法案―採決に反対する

東京新聞の社説:「違憲」安保法制 「理解せよ」と迫る傲慢


読売、産経は当然として日経も頬かぶり。

今の状況は大政翼賛会が成立して
いく過程にあるような感じです。

私は繰り返しますが。2点で安保法制に反対。

当然のことですが、米国べったりで、結局は
米国の他国での戦闘行為を補完するための
集団的自衛権行使容認は日本を守るための
行為とはならないものと考えるからです。さらに
積極的に世界の平和維持に邁進しようという
敗戦国日本のこれまでの努力を無にする
ものでもあるからです。

当然、この考えとは違う方もいるでしょう。
でも今回の安保法制は憲法を変えるため
という意識であり、立憲国家の根底を覆す
ものであると同時に、このような重要法案を
主権者たる国民に十分な情報を与えず、
その理解を必要としない態度についても
大反対です。

このようなやり方で安保法制を通すような
輩が言う集団的自衛権が危険な代物で
あることを暴露していると言えるでしょう。

歴史的には、本日の委員会で安保法制が
通過したことを重要なものと記されるでしょう。

少しでもまっとうな政治家なら、それを
なんの意見も無く黙認したことを一生後悔
する羽目になるでしょうね。

昨日の石破氏はさすがに、何か言って
おいたほうが良いと判断されたのか。

安保関連法案:石破氏「理解進んでいるとは言えない」

石破茂地方創生担当相は14日午前、
閣議後の記者会見で、安全保障関連
法案について「国民の理解が進んでい
るかどうかは各社の世論調査の通りで
あり、まだ進んでいるとは言えない」と
明言した。ただ、15日の衆院平和安全
法制特別委員会で安保関連法案を
採決する是非には言及しなかった。


ただ、歴史的な意味での考慮という
より、安倍の暴走により彼が失脚した
場合の布石的発言であることのほうが
石破氏の意図なのかも知れません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3162-44929c04

 | ホーム | 


FXで斬る