プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


申し訳ないけど、農林水産省の
計画って、族議員が私腹を肥やす
ためだけにあるのかなんて程度
でしか思ってないんですが。

昨日、またまた新計画を発表。

食料・農業・農村基本計画(原案)
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/H27/pdf/150317_1_2.pdf


まあ、従来とはかなり違った方向性を
出しているようです。

でも、次の二つの記事の見出しをみると、
大新聞のデスクの感性?の違いが
わかって面白い。

まず、朝日新聞。

食料輸入止まっても、イモ中心なら供給可能 農水省指標

農林水産省は17日に原案をまとめた
「食料・農業・農村基本計画」で食料
自給率目標(カロリーベース)を50%
から45%に下げる一方、日本の食料
生産力を示す新たな指標を示した。
もし食料の輸入が止まっても、国内
農業をイモ中心に切り替えれば必要な
カロリーを確保できるという。


実は、この見出しを見て、ブログを書く
ために調べたんです。

「将来日本はおならで臭くなるか」なんて
見出しで面白く書こうと一瞬思ったん
ですけれど。

実は、今回の計画の狙いはそうではなくて。

毎日の記事です。

農業計画案:「稼げる農業」へ転換 自給力設定 農地、生産者確保課題


農林水産省は17日、今後10年の農政の
方向を示す「食料・農業・農村基本計画」の
案をまとめた。
食料自給率の目標は、カロリーベースで
引き下げる一方、生産額ベースでは引き
上げ、「稼げる農業」への転換を目指す。
2025年度までの達成を目指す。
国内の農地や農家をフル活用した場合の
生産能力を示す「食料自給力」の指標も
初めて提示。
輸入できなくなった場合でも、自前で最低限
の食料を確保できるくらいの農地や農家を
確保し、足腰の強い農業を目指す


毎日の記事が今回の基本計画の狙い。

コメ一辺倒であった農政を変えて、多様な
農産物生産という方向を打ち出した?

実際は個別農家が自由に農業をやるため
にはいろんな規制などが多くあるようです。

今回の目標ももしかしてそうした制限と
なっては無意味。

農家の自主性をどうやって高めるかという
方向にいけばいいんですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3043-1ebb1fd7

 | ホーム | 


FXで斬る