プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


雨ですね。

それほど寒いわけではなく
まさしく二十四節気の雨水
の最中ということ?

ところで、これは雨水でなくて
汚染水。

毎日の今日の社説です。

社説:汚染水外洋流出 データは常時公開せよ

東京電力は依然として情報公開に
関する感度が鈍いのではないか。
福島第1原発2号機の原子炉建屋
屋上に汚染水がたまっていた。
一部が雨どいなどを伝って排水路に
入り込み、外洋に流出していた。


これは感度どうこうの問題では
ありません。

原発事故が起きる前から、情報は
ばれるまで絶対洩らさない。

漏れてもとぼける。

今回も平然と「原因調査をして
結果が出てから公表しようと考えた」
と釈明。

無論納得されるとは思っては
いなくても構わないという
態度なんです。

官庁以上の秘密体質。

まあ特定秘密保持法案が
通ったからこれからは官庁
のほうが?

いや、原子力関連はテロがらみ
ということで、法案における秘密
情報ということで全く説明し
なくなるかも知れません。

それにしても、海に汚染水を
垂れ流しされてしまっている
漁業関係者は目も当てられません。

汚染水問題 漁協「裏切られた」


●地下水放出、交渉に影響
 福島第一原発で原子炉建屋近くの水に
含まれる放射性物質濃度が雨のたびに
高まり、港湾外に流れ出ていると知りな
がら、東京電力が10カ月間も公表して
こなかった問題。
地元漁業者は25日、東電の「背信行為」
に怒りをあらわにした。
両者の信頼関係が損なわれたことは、
汚染水対策の受け入れをめぐる交渉に
影を落としそうだ。


地元漁協の同意を得るだけとなって
いた、原子炉建屋周辺のサブドレンから
地下水をくみ上げて浄化し海へ放出する
計画はとん挫の状況です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/3023-062a4500

 | ホーム | 


FXで斬る