プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


こういうお話、聞いても困って
しまいます。

安倍首相はなんて言うんで
しょうね。

トリクルダウンで安倍さんが
お金を出してはいかが。

心臓移植渡米:急激な円安…手術や滞在費上がり遠のく希望

急激な円安・ドル高により、米国での
心臓移植を望む子供や家族が負担増
に直面している。
海外からの移植希望者が増えている
米国では手術費自体が値上がりして
いるが、千葉県松戸市の三輪響子さん
(12)の場合、円が2カ月間で1ドル
あたり10円超下落した影響だけで、
想定額が2000万円前後アップした。


響子さんは心臓のポンプ機能が低下
して血液循環が滞る「特発性拡張型
心筋症」。

症状が悪化してすぐにも移植が必要
ですが、日本はドナーが少なく、米国
での手術を決定したのが10月。

為替レートは108円でしたので、手術
費を100万ドル(約1億1000万円)と
想定し、渡航費や米国での滞在費と
合わせ1億7000万円を目標にしました。

ところが、その後安倍政権援護のため
の追加緩和策で円安が進行、現在は
120円になっています。

手術費も150万ドルということで、
1億6000万円が1億8000万円。

渡航費や滞在費を当初より切り
詰めても総額は2億3000万円と
なってしまいます。

12月19日現在で1億5119万円を
集めていますがとても足りませんね。

そもそも、ドナーが少なく、手術費
も高騰しています。

根本的解決はiPS細胞による心臓
再生しかないんでしょうか?

実は響子さんには間に合いませんが
希望の光が。

今年の10月のニュースなんです。

「死んだ心臓」の移植に成功、世界初の偉業=豪医療チーム

オーストラリアの医療チームが世界で
初めて「死んだ心臓」の移植手術に
成功した。


成功したのは、シドニーのセント・ビンセント
病院とビクター・チャン心臓病研究所の
研究者たち。

心臓に注入する特別な臓器保存剤を
開発し、20分停止していた心臓を蘇生
させることに成功し、移植したんです。

こうなると、数の少ない脳死患者からの
移植手術に頼る必要はありませんから
移植可能な心臓が飛躍的に増える
可能性が大きくなります。

早く、こうした手術が一般的になると
いいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2957-3999f356

 | ホーム | 


FXで斬る