プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


昨日の日曜日からは、近所の
出張所などでも期日前投票が
開始されました。

今回から、投票券?の裏側に
氏名、住所、期日前投票の理由
などを書くようになったのが今ま
でと違うところです。

序盤に続いて、中盤でも自民が
圧倒的、単独でも三分の二を
とる勢いです。

衆院選中盤情勢:無党派層は一転、与党…本社調査

毎日新聞が5〜7日に実施した
特別世論調査では、政権交代が
起きた2009年、12年の衆院選
時と異なり、無党派層が与党を
選択しようとしている傾向が明ら
かになった。


大勝すれば安倍の言うことは決まって
います。

アベノミクスが解散の理由とかなんとか
でしたが、安倍政権が信任されたと
安倍のやりたい、軍事強化、強い国
日本を海外で戦って示すこと、反対
勢力を抑圧するために、表現の自由
の抑圧や、教育なども戦前教育の
復活にまっしぐらになることでしょう。

こういう状況だと、自分の好みの
政党や候補者がいいなどと言って
られません。

とにもかくにも、トップが自民の場合
なら、2位になりそうな候補に投票
することです。

というわけで、私の場合は泣く泣く
橋下代表が嫌いでも維新の党に
投票することに。

私は、現在、選挙区が違いますが、
これからの政治家はこうでなければ
という人物を知っているので、
期日前投票が終わったあと、
東京都小選挙区4区の民主党候補
藤田憲彦(のりひこ)さんの選挙
応援に昨日も出かけました。藤田移動中

右の写真は選挙事務所のある
蒲田から、大森地区で選挙活動
をしに行くためにJRで移動中の
藤田さんです。


前々回の民主党大勝の後、知人の
紹介で知ることになったのですが、
新会社を創業して、電子マネーの
Edyを立ち上げるなどビジネス経験
がある。

さらに、東大法学部を卒業後ソニー
法務に入り、海外に出向いて契約
交渉を行うなど法律関係の実務も
こなしています。

そういうことから、議員1年生で
ありならがら、他党議員や官僚と
交渉し法案を何本も通しています。

国会議員の役割の最大のものは
国民のことを考えて、他党、官僚と
粘り強く交渉して必要な法案を
作る上げることと思います。

いままでの、政治家はそうした
ことがまるで駄目、世襲議員や
イデオロギーだけではこれからの
厳しい日本を救うことはできません。

さらに、今回ますます応援する
気になっているのは、前回の
総選挙で落選後、地元大田区で
商店会、町会などで夜回りなど
地域ボランティアを積極的に
行ったことです。

そのことにより、これからの
少子高齢化社会においては
地域社会が重用であり、国会で
予算を通し、行政が動けば
済むということではなく、地域の
ボランティアやNPOなどの人
たちの力を十分に生かすこと
が大切であると意識するように
なったことです。

そうしたことが、今回のスローガン
「生きる力を活かす社会に」
だと思います。

本当に41歳の若い政治家と
しては素晴らしいことと思います。

私は2011年の統一地方選で
ケアマネージャーの若い新人議員を
応援した際に、スローガンを作りました。

「生きる喜び感じる街に」

その時よりも今、一層日本は格差
社会が進み、多くの人が将来に
希望を持てずに苦しんでいます。

藤田さんのスローガンは
まさしく当を得ています。

私の思いを実現してくれるのは
藤田さんだと思っています。

キング牧師の言葉では無いですが
「今日私には夢がある
藤田さんが政治家としてリーダーになり
多くの国民が平等で幸せになることを」

藤田憲彦さんのブロフィールは
http://www.fujitanorihiko.jp/profile.html

ブログは当ブログのブックマークにあります。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2942-a45ec256

 | ホーム | 


FXで斬る