プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


当ブログでは何度も「集団的自衛権」
について解説しています。

幕張メッセで首相は迷彩服で戦車  首相は集団的自衛権で外国を侵略したいのでは
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-2351.html

安倍首相は本当に頭が悪くて信じて
言っているのか、それとも意図的に
曲解して言っているのか。

日米が共同で軍事行動をしている?
際に、世界最強の米軍を、他国が
日本を無視し米軍だけを攻撃した場合に、
お友達の日本が「偽を見てせざるは
勇無きなり」なんて米国を助けてあげる
なんて。

まあ、冷静に考えればそもそもそんな
状況がおこりえるはずもない。

現在は、少々違った表現も使ってます。

水平線のはるか向こうにいる米軍を
他国が米軍が単独でいるということで
攻撃した場合とか。

共同の軍事行動であれば通常は一緒に
行動している友軍を攻撃されるという
ことは自国への攻撃とみなされるのが
当然で集団的自衛権をふるかざす必要も
無いという論拠に対して持ち出され
ました。

明治時代じゃあるまいし、共同の軍事
行動なんて見えるか見えないかなんて
何を言っているんでしょう。

それと同じ理屈で、北朝鮮が米国を
戦略ミサイルで米国本土を攻撃する
場合を持ち出ししています。

まあ、実際は米国を攻撃するなら
通常は日本にいる駐留米軍なり
自衛隊基地をたたきます。

これも集団的自衛権を行使する
必要もありません。

第一、日本上空、高高度を高速で
飛ぶ戦略ミサイルを撃ち落とす
なんてできません。

そもそも、国際的には、今安倍
自民党政権が議論しているような
状況について集団的自衛権など
検討されていません。

国際連合は国際紛争を平和的に
解決しようという状況において
国際連合軍などが介入しない
状況が集団的自衛権の行使の
場合なんです。

上の、当ブログでご紹介した事例。

ハンガリー動乱(1956年 ソ連)
レバノン派兵(1958年 アメリカ)
ヨルダン派兵(1958年 イギリス)
チェコスロバキア「プラハの春」(1968年 ソ連)
ドミニカ軍事介入(1965年 アメリカ)
ベトナム戦争(1965年 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど)
アフガニスタン軍事介入(1979年 ソ連)
チャドへ派兵(1983年 フランス)
ニカラグア軍事介入(1985年 アメリカ)


わかります?

世界の大国といわれる軍事力強大な
国が他国に軍事介入する場合ですよ。

戦争好きで、日本の軍事力を誇示したい
日本が世界各地で強い米軍に協力する
ための理由をでっちあげているんです。

そうした安倍、自民党の気持ちになって
判断すれば、今言い出した「限定容認論」
ばかな日本国民をだますというか目くらまし。

でも、ちゃんと目的は果たせますよ。

水平線の向こうなんて言ったら世界中
どこでもそうなんですから。

いつもいつもメディアの不勉強を
批判していますが、集団的自衛権が
そもそもなんで国連で認められることに
なったとか、実際の行使事例などを
ほとんど国民に紹介しないし、自分も
知りません。

そんな状況では、日本人の好きな
「あいだをとって」的なことに
落ち着いちゃいます。

その結果の世論がこれ。

集団的自衛権:「限定的に容認」44% 毎日世論調査


毎日新聞が19、20両日に実施した
全国世論調査で、憲法解釈変更による
集団的自衛権の行使容認について尋ね
たところ、「限定的に認めるべきだ」
と答えた人は44%だった。
政府・自民党が行使容認に向けて想定
している限定容認論が広がっている
ことがうかがえる。


メディアはやはり政府に協力している?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2711-9cce2a05

 | ホーム | 


FXで斬る