プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


もう疲れてしまいますね。

今度はさらにこんなことと
言うんですが。

STAP幹細胞:別マウスの遺伝子検出 山梨大の保管分

STAP細胞論文の共著者が保管する
STAP細胞から作った細胞を簡易的に
解析した結果、STAP細胞を作るため
使ったはずのマウスの遺伝子のタイプが
確認されず、別の系統のマウスしか
検出されなかったことが、理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター(CDB)
の関係者への取材で明らかになった。
この細胞は、英科学誌ネイチャーで発表した
論文には使われていないが、CDBは
STAP細胞の真偽を確認するため、
論文に使った細胞を独自に解析する
検討を始めた。


先日の当ブログの見解は、実験を成功
させることと、その実験そのものを
紹介する論文を正しく書くこととは
違うものという立場。

当然、博士ならば両方ちゃんとできなくては
いけないことなんですが。

今回の記事は、なんとまあ、実験その
ものへの疑念を直接に伝えています。

私が疲れるというのは、小保方さんと
いうよりも、周囲の特に共著者の方々
の態度。

私だったら、こんな世紀の大発見、
まさしくノーベル賞級の研究に触れ
たら、小保方さんに直接会って、自分の
目で手で実験させてもらい、心底確認
しないですまされません。

当然実験が不正と疑ってのことでは
ありません。

それをまあ、後からいろいろおかしい
などとわかることが信じられないん
ですよ。( ̄へ  ̄ 凸


まあ。事態を見守るしかありませんね。

マレーシア航空事故も同じく、おかしいこと
ばかり、早々に生存者ないと発表し、
遺族の怒りを買ってでも、事態を早期
収拾しようという態度。

どちらも徹底的に解明していただきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2685-04d3bb32

 | ホーム | 


FXで斬る