プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


STAP細胞小保方晴子各紙が取り上げています。

右の写真の割烹着を着た
御嬢さんが話題の中心人物。

女性の年齢を言ってはいけ
ませんけど、研究者だから。

30歳の小保方晴子さん。

すごい研究成果ですよ。

世界もあっと驚く、超簡単な
万能細胞の作り方がわかって
しまったんです。\(゜□゜)/


理研、万能細胞を短期で作製 iPS細胞より簡単に
STAP細胞作製法
理化学研究所などは29日、
様々な臓器や組織の細胞に
成長する新たな「万能細胞」
を作製することにマウスで
成功したと発表した。
成果は30日付の英科学誌
ネイチャーに掲載される。
iPS細胞よりも簡単な
方法で、効率よく短期間で
作製できるという。


新しい万能細胞の名前は
STAP(スタップ)細胞。

「刺激惹起(じゃっき)性
多能性獲得(Stimulus
―Triggered 
Acquisition 
of Pluripotency)」
の略称です。

作り方は記事の図のように、
従来のiPS細胞は複数の
遺伝子を導入するんですが、
STAP細胞はマウスの体の
細胞を、弱酸性の液体で刺激
するだけなんです。

ですから、ガンになる危険性
など全くありません。

そのうえ、生後1週間のマウス
の血液細胞を使ったところ、
STAP細胞になる確率は
7~9%で、iPS細胞の
作製効率(1%未満)よりも
高く、また作製に要する期間
も2~7日で、iPS細胞の
2~3週間よりも短いんです。

発見のきっかけは、幹細胞は
ふつうの細胞よりサイズが
小さいため、細いガラス管に
通して小さい細胞を選別する
実験。

確かに内径0・03~0・05
ミリのガラス管を通すと、
幹細胞が抽出できたんですね。

ところが、通す前の細胞には
いくら探しても幹細胞は
見つかりません。

ここで、小保方さんは見つけかたが
不十分ではなく、細い管を通す
という刺激で幹細胞ができたのでは
とひらめきました。

それで、毒や熱などいろんな刺激を
与えた結果、弱酸性の液に25分ほど
浸す方法です。

浸した後、培養すると、細胞の数は
約5分の1に減りますが、残った
細胞のうち3〜5割が万能細胞特有の
性質を持つんです。

なにしろ、一度普通の細胞になったら
そのままというのが今までの常識です。

すごいですね。

ただ、今はまだ、マウスでの実験。

人での実験で成功するかを確かめ
なければならないし、そもそも
なぜこうした変化が起きるかの
仕組みも明らかにしなければ
なりません。

これから楽しみですね。o(^▽^)o

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2629-c3673c1d

 | ホーム | 


FXで斬る