プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


おそらくほとんどの方は
ご存知。

秋深き隣は何をする人ぞ

芭蕉、元禄7年9月28日、
51歳の作です。

「秋深し」と覚えている方も
いるかも知れませんが正しくは
「秋深き」。

この日、芭蕉最後の俳席が
畦止亭で開かれました。

29日も芝柏亭で俳筵が
開かれることになっていたん
ですが、芭蕉は体調が悪く
出席できないと思いこの句を
発句として書き送っています。

29日から10月12日まで
床に伏していましたから、
結局芭蕉が起きて詠んだ
最後の句ということに
なります。

この句の解釈については
解説書を読んでいただく
として、次の記事を読んだ
際の、寂寥感というか
脱力感で芭蕉の句を思い
出した次第。

秘密保護法:日本版NSCと一緒の成立目指す 自民幹事長

自民党の石破茂幹事長は13日夜、
BS−TBSの番組に出演し、
政府が15日召集の臨時国会に
提出する方針の特定秘密保護法案
と国家安全保障会議(日本版NSC)
設置法案の審議について「一緒に
やるべきだ。切り離して、(来年の)
通常国会に送る必要はない」と述べ、
臨時国会で両法案の成立を目指す
方針を示した。


自民党の圧倒的多数の中、
多くの方から問題を指摘
されつつも、国家機密は
国民の目にさらさないという
強い医師のもと採決され
ることになってしまい
そうです。

メディアも野党もある意味
それほど真剣には思って
いないんでしょうね。

あとになって、あの時
もっと反対の声をあげれば
よかったと思っても遅かりし。



<参考記事>

特定秘密保護法案政府原案:「知る権利」明記見送り 民可使由之、不可使知之
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-2503.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2521-79efb6c6

 | ホーム | 


FXで斬る