プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


ドイツのルター派の牧師
反ナチの行動をとった
マルティン・ニーメラーの
詩をご紹介します。

「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき
(ドイツ語: Als die Nazis die Kommunisten holten)」


彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
(ナチの連中が共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、)
私は共産主義者ではなかったから。

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった、
私は社会民主主義ではなかったから。

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私は労働組合員ではなかったから。

彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった、
私はユダヤ人などではなかったから。

そして、彼らが私を攻撃したとき、
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。



気づいたときにもう遅かったんです。

麻生氏のナチスのワイマール憲法を
なし崩しにした手法について参考に
したらという発言。

ナチスを直接賛美するかしないか
よりも、その手法を明らかに
賛美していることが判る麻生発言。

だから、静かにやろうやと。憲法は、
ある日気づいたら、ワイマール憲法
が変わって、ナチス憲法に変わって
いたんですよ。だれも気づかないで
変わった。あの手口学んだらどうかね。

わーわー騒がないで。本当に、
みんないい憲法と、みんな納得して、
あの憲法変わっているからね。


こわいですよねーこの考え。

そのうえ、「みんな納得して、
あの憲法変わっているからね」
とまで言い切ってしまうところ。

麻生、安倍と二人そろったら何を
するやら。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2449-e6ae1cff

 | ホーム | 


FXで斬る