プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


「校閲」と「校正」の
違いってご存知ですよね。

出版社の場合は著者の
著作権というものがあり
ますから、印刷物の表現と
原稿の表現とが一致して
いるかどうかをチェック
する「校正」作業が基本。

一方、「社会の木鐸」を
自認する新聞社では、
最終的な紙面の表現が
日本語として適切で
あることが重要。

誤字脱字は当然のこと
言葉の使い方のチェックも
する「校閲」作業が重要です。

二日つづいて、毎日の記事の
見出しが気になりましたので
今日は見出し表現について。

まずは今日の毎日の見出し。

防衛省:新艦名、ネットに誤掲載 黒塗り部分操作すると…

この見出しを見て、こんな
馬鹿なことが起るのかと
さっそくブログにとりあげようと
記事を見ました。

防衛省海上幕僚監部が、8月に
公表予定の新型護衛艦の名称を
インターネット上に誤って
掲載していたことが16日分かった。
命名式の開催を知らせる文書
ファイルを同省ウェブサイトで
公開した際、式典終了まで非公表
とした艦名が見られる状態になっていた。


PDF形式の正式文書の
艦名部分を編集で黒塗り
にしただけだったので
簡単に黒塗りを外せたん
です。

今では、HP訪ねても
見ることはできませんが
艦名は「みずほ」。

そうなんですよ、見出しで
「誤り」としているのは
艦名が間違っているんでは
なくて、公表日前に
十分注意しないで資料を
掲載してしまったので
結果として情報が漏れて
しまったということ。

要は「誤って」掲載した
ということなんですね。

「誤る」って、表現にも
行為にも使いますから
今回の見出しだとそれこそ
「誤解」を生じていまい
ます。

もし、曖昧な表現なしの
適切なものとするなら、
「防衛省:新艦名、ネットで期日前漏洩」
などがよかったのでは
と思います。

きょうの記事で、こちらも
取りあげたくなりました。

昨日の毎日の記事の見出し。

動乱エジプト:カイロ、衝突・発砲 軍とモルシ派、主張矛盾 真相解明、武装集団が鍵

こちらは、見出し見ただけで
表現がちょっとおかしいん
ではと思いました。

エジプトの国軍とイスラム教の
モルシ派の敵対関係を知って
いれば、双方の主張が同じ
であるはずも無く、相手が
悪いと言うのが当たり前。

明白な証拠が無ければ
「水掛け論」なり「藪の中」。

「矛盾」というのは論理的
整合性がとれないこと。

主張している内容自体に
つじつまが合わない部分が
ある場合に「矛盾」を
使います。

まあ、軍とモルシ派の
とっちもが言っている
ことに矛盾があるなら
まだいいかも知れませんが。

記事では。

カイロでエジプト軍・治安部隊と、
イスラム組織ムスリム同胞団など
モルシ前大統領支持派が衝突、
50人以上が死亡した8日の
発砲事件で、全容解明の鍵を握る
武装集団の存在が浮上した。
平和的だったとされるデモが
流血の惨事に発展したきっかけや
その後の衝突の実態を巡って
双方の主張は食い違っており、
武装集団の動きが空白を埋める
可能性もある。


記事の中でも、「食い違い」
と表現していますね。

やはり、今回の見出しは
「動乱エジプト:カイロ、衝突・発砲 軍とモルシ派、主張対立」
とでもすればよかったん
ではないでしょうか。o(^-^)o
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2431-b45458fd

 | ホーム | 


FXで斬る