プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


初しぐれ猿も小蓑をほしげ也

芭蕉が「奥の細道」の旅を
終えて故郷伊賀上野に向かう
途中に詠んだ句です。

この「時雨」は芭蕉が
好んで使った句材。

今日は芭蕉の1694(元禄7)年
の忌日ですが、そのため
芭蕉忌とも時雨忌とも
いわれます。

10月が時雨月と呼ばれる
こともありますけど。

さて、秋は文学。

昨夜のブログで、村上
春樹氏が文学賞を受賞でき
ないことに残念との感想を
述べましたが、さらに
日中対決に負けて悔しい
などと言っては文化度は
ゼロ以下になってしまいます。

ノーベル文学賞:莫言氏受賞 「日中対決」制したの声も


中国国内は11日、中国人作家の
莫言(ばくげん)さんへの
ノーベル文学賞授賞に喜び
の声がわいた。
 莫言さんの受賞決定に
中国版ツイッター「微博」
では「私たちの文化文明が
国際社会に認められた」
など歓迎する書き込みが
相次いだ。
事前のメディア報道では、
有力視された村上春樹さん
との「日中対決」との見方
もあっただけに、「中国の
郷土文学が日本を破った」
「村上さんに勝った」など、
日本に対する勝利感を
強調する書き込みも目立った。


もうおどろくほどに
中国の文化度が低い
ことを示しています。

親日家の莫言さんも
贔屓の引き倒しみたいな
賛辞では苦笑するしか
無いでしょうね。

とはいえ、私もお恥ずかしい
部類。

日中対決なんて言われる
までは莫言氏のこと
なんて全く知りません
でした。

中国の古典については
いろいろ読んで、中学では
文康の「児女英雄伝」など
まで読んでます。

けれど、近代以降となると
『阿Q正伝』の魯迅のもの
少々で現代の中国文学に
ついては完全に白紙。

莫言
今回の文学賞、平和賞と
同じく政治的意図も
少々感じられるんですが、
簡単に莫言氏のことを。

莫言という名前は
「言う莫(な)かれ」
からで、中国という
国においては「軽々しく
発言するな」という
自戒の意味があるん
だと思います。

本名は管謨業(かん・ぼぎょう)。

山東省高密市の農家に
8人兄弟の末っ子と
して生まれています。

出世作は86年の
「透明なにんじん」。

受賞の大きな理由にも
なった87年の「赤い高粱」は
張芸謀監督により映画化され
88年のベルリン国際
映画祭の金熊賞を受賞。

最新作「蛙鳴(あめい)」
(09年)など近年は
社会的な主題を選ぶ傾向を
強めており、ここらへんが
政治的な理由で選定された
といわれる所以。

大の親日家で約10回も
来日し、温泉と刺し身が
大好き。

大江健三郎さんとの長年の
交友も知られています。

莫言さん、ノーベル文学賞
受賞、おめでとうございます。m(..)m


スポンサーサイト

コメント

トラックバック有り難うございますm(__)m

私も魯迅以外の支那人作家(但し、「支那」表現は孫文基準)を
知りませんで、おまけに今は亡き榊莫山先生を思い出した程です。
(莫山先生は書家でノーベル賞とは関係は殆どありません。)

恐らくは良しにつけ悪しにつけ受賞したことで支那の地では
有名な作家に「昇格」したと思いますが、これから大変だろうなあ
とも思いました。「中国政府」が彼を利用する事は目に見えてまして
それが莫言氏の利益になるのなら兎に角としてと思うもので。
(逆に「中国政府」批判者に依る批判の材料にもなり得ます(^◇^;))

個人的な価値観では受賞した事で作家としての価値はどうかな?と
思うことがあります。受賞作家に対しては関心が無いか大嫌いな奴
約一名ですので(^_^メ)

そういう意味では日本人に忘れられる可能性が有り、現に「受賞者」
ではあの二人の名前しか一般的には知られてないのが日本社会の
実情でありますので。(^◇^;)

只、文学的な事は余り知らない者の偏見もかなり含まれていますので
決して科学的な批判では無い事をご承知置き下さいませm(__)m
2012-10-12 19:25 | abusan #mQop/nM. URL編集 ]

>(10月12日は)芭蕉の1694(元禄7)年の忌日ですが、そのため芭蕉忌とも時雨忌ともいわれます。

そうでしたか!
例の辞世の句“夢は枯れ野をかけめぐる…”の日ですね!

芭蕉さんは大好きですが、今回村上某氏を押さえて、ノーベル賞を受賞された莫山さんは私はあまり感心しません。(といって知っているのは、映画になった「紅いコウリャン」だけですが…)

映画が原作にどれだけ忠実かわかりませんが、すさまじい残虐行為を働いたとされる日本兵士と日本兵士に襲われた村を描いた、理不尽な反日映画だったという記憶しか残ってません。

芭蕉の歌にあるような例えば、平和な日常に垣間見える人生の深淵…などというような滋味あふれる世界観とは真逆の、怨念と哀しみに満ちた凄惨な世界(もしかしたら「紅いコウリャン」に限ったことなのかも知れませんが…)と言う印象がぬぐい去れず、ノーベル文学賞にふさわしい作家か、非常に疑問に思っています。
中国人が日本に二度と負けたくない!何がなんでも勝ってやるという執念には、驚かされますが、少しは日本人もその負けず嫌いを見習った方がよいのかも知れませんね。

遅ればせになりましたが、トラックバック色々ありがとうございました。


2012-10-14 02:37 | megamiyama #E.k6UgGU URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2151-43cdf9e2

 | ホーム | 


FXで斬る