プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日増しに暑くなっています。

ニュースでもちらほら
「夏日」という言葉が。

去年の夏の節電大騒動が
あって一年たって、いまさら
誰に動かされているかは
わかりませんが、連日?
メディアが大騒ぎ。

節電目標:各家庭、今年も自主対策…強制なし、効果疑問も

政府は18日、沖縄を除く
各電力会社の節電目標を
10年夏比で5〜15%以上とし、
電力使用制限令の発動を
回避することを正式に決めた。
同時に家庭向けに節電メニューを
公表し、エアコンの設定温度を
上げたり照明をこまめに消す
などの自主的な節電を求めた。


政府としては、代替電源が
無い以上、節電で乗り切る
ために、家庭に節電を呼び
かけるというのは一見もっとも。

だけれども、無責任なメディアは
上の記事に続いてこんなことを
書きたがります。

しかし、強制力のない節電
要請でどの程度の効果が
上がるかには疑問が残る。
専門家からは、最も高い
15%以上の節電を要請さ
れた関西電力管内での
目標達成を危ぶむ声も
出ている。


この記者はいったい何を
いいたいのか。

単に無策の政府を批判
して喜んでいるのか?

いや、ちがうでしょうね。

この社説を読んでください。

社説:夏の節電対策 脱原発社会への一歩へ

政府が、この夏の電力需
給対策を決めた。国内の
原発50基が、まったく
稼働しないことを前提に、
沖縄県を除く全国で節電を
求める。
 電力不足は、国民生活や
経済活動に制約を課す。
原発再稼働にこだわり、
後手に回った政府の責任は
重い。地域独占の恩恵を
受けながら、供給責任を
全うできない電力会社にも
反省を求めたい。


おー、高いところから
立派なことを言ってます。

でも、この後すぐに
こんなことを。

政府は、供給余力が比較的
大きい東北、東京を除く
7電力の管内には節電の
数値目標も設定した。


ん、あれほど昨年夏大騒ぎした
東北東電は供給能力が
十分あるんですって。?

確か、18%もの不足で
大停電が起きる起きない
という事態で、使用者の
協力もあってなんとか
乗り切ることができ、
でも来年、すなわち今年は
もうどうしようも無いん
じゃないかとメディアは
騒いでいたはず。

今回の関西電力なんて
15%でしょう?昨年の
東電の18%を乗り切ったん
だからたいしたことは
ないように思えるんです
けどねえ。

じーっと、考えてみましょう。

記憶力ゼロのメディアと
違って、記憶力を持ち、
今は普及したインターネットで
昔のことを含めて調べる
ことができる私たちなら
今のメディアの記事の意味が
わかるはず。

政府の対策が実際のところ
政府の責任を果たしているか
どうかは別として、メディアが
あるいは御用学者なり
評論家が節電効果に
疑問を呈したとしたら。

原子力発電を利用しない
から、停電の恐れがあったり、
不便を強いられるんだと
言っているのに等しいんです。

また、毎日の社説が短い
からこそ、東電はもう大した
節電は必要のない状況に
なっているんだということが
明確にわかります。

それよりもなによりも、
東電は値上げを決定、
総括原価方式ですから
利益を削ったうえでの
値上げではありません。

売れば必ずもうかるんです。

ですから、東電管内では
節電よりも電力を使って
もらって利益を上げようと
しているんです。

東電管内では、原子力
再稼働なんてとても
無理ということの状況では
電力が余っていることを
隠さず、どんどん売った
ほうがいいですからね。

本当にまあ、メディアが
いうところは、今も昔も
信用せず、その裏を読む
しかありませんね。o(^-^)o












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/2005-c7bbd9f6

 | ホーム | 


FXで斬る