FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


この問題はいろんな
ことが関わっていて
難しい。

特に生死がからんで
いますから。

混合診療:禁止は適法、最高裁が初判断 患者側の敗訴確定

保険診療と保険外診療(自由診療)を
併用する「混合診療」を受けると
治療費全額が自己負担となる
厚生労働省の運用の是非が
争われた訴訟の上告審で、
最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は
25日、混合診療の禁止は適法との
初判断を示し、原告患者側の
上告を棄却する判決を言い渡した。
患者側敗訴とした2審・
東京高裁判決(09年9月)が確定した。

簡単に考えれば、、
保険適用外の医療は
自費で受けるのは当然?
でも保険が適用される医療は
やすい保険でという気がします。

この根本は健康保険制度
そのものが何かという
ことに関わっているもの
なんです。

今、混合診療は当然の
気がしますと述べました。

でも、全員がそう思う
でしょうか?

そりゃ、保険適用外に
ついて数10万円なら
自己負担してもいい。

でも、全額となると
100万近くは大変
と思うかたって・・・・

考えてみれば余裕がある
かたです。

年収が2~300万円
以下のかたなど、
自己負担などそもそも
考えることもできない
という方も多いのでは。

健康保険制度はそもそも
健康保険が適用される
範囲で安心な医療が
受けられることが目的です。


では、何故混合治療という
ものがおこなわれ、それが
問題になっているのか。

政府の怠慢で、新しい
医療の認可も、保険適用も
遅れているからですよね。

政府だけでなく、場合に
よっては、製薬会社を
含めた医療関係者が、
新医療の導入によって
まずいことになり、そのため
いろいろと政府に働きかけ、
ストップしたり、送らして
いるなどしているのではと
も勘繰ってしまいます。

だから、健康保険適用の
診療だけではだめで、
実際は混合診療が必要と
なってしまっているんです。

でももし、正式に混合診療が
認められたらどうなり
ます。

いま健康保険適用を
送らしている悪い奴らは
大喜びすることになる
でしょうね。

いま、混合診療すると、
全部が自己負担となって
しまうのでためらっている
患者さんに積極的に
自己負担の診療を勧める
ことは間違いなしです。

さらにまた、現在、保険適用
の動きも、一部なんだから
ということで遅くなったり、
ストップしてしまうことも
予想されるんです。

ある意味、お金があまりない
方たちは新しい医療を
受けることができなく
ことになりかねません。

やはり、本来やるべきは、
便法としての混合診療を
行うのではなく、現在
適用外のものでも、緊急
措置なり、早期適用などで
すべて保険適用とするのが
正しいと思います。

また、現在でも、どうしても
ということであれあば、
保険適用の病院と、
受けたい自由診療の病院とを
別カルテで行うということも
本当の意味の便法として
ありえるのではと思います。


ところで今回の、裁判記事で
ふと気がついたことが
あります。

近頃CMで、10000万以上の
高額な先進医療を
少ない掛け金の増加で
受けることができると
盛んに言ってます。

でも、混合診療が全額
自己負担ということで
あれば、本来の保険適用
部分の医療費も高額に
なるんですから、その部分の
補償をしないとまずいん
ではないかと思います。

どうなっているんでしょうね。








健康保険法(2010年版)
¥2,100
楽天

健康保険のしくみ (単行本・ムック) / 健康と年金出版
¥987
楽天

ライフライン21がんの先進医療 Vol.1 (2011年3月号) (単行本・ムック) / 蕗書房
¥1,200
楽天


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansirohike.blog.fc2.com/tb.php/1800-403c9da2

 | ホーム | 


FXで斬る