fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


私のブログで何度か取り上げた
昆虫食。

イナゴのつくだにや蜂の子などは
古来から日本で食べていたので
本来なら昆虫食は当たり前かも
しれませんが。

私としてインディージョーンズの映画
を見てから以前よりも気持ち悪く
なってしまった気がします。

でも、こんな街角に販売機が置かれる
ようになると当たり前になるかも。

すすきのに置かれた昆虫食の自販機 想定外の味と思わぬ反応

 札幌・すすきののど真ん中に、その自販機は
あった。未明に酔客が行列をなす「すすきのゼロ
番地」。すすきのの顔「ニッカおじさん」の広告で
有名な交差点裏手。
手作り感あふれる青色のPOPに書かれた文字は
「昆虫食」だ。日本三大歓楽街とも称される街になぜ?
 コオロギ素揚げ(880円)、コオロギ3種食べ比べ
(1500円)、シルクワーム=蚕の幼虫=素揚げ(1千円)、
乾燥タランチュラ(2700円)――。10種類のラインアップ
は、いくつか売り切れだった。
ー中略ー
 メディアで紹介され始めたのは2年半前だ。日用品
大手「無印良品」が2020年5月、コオロギの粉末を
混ぜた「コオロギせんべい」(190円)を販売。地球に
やさしい未来食として注目が集まった。
 氷室さんが清田区に最初の自販機を設置したのは
その翌年の21年5月。最初の1カ月は、コオロギ素揚
げで200個程度の販売だった。徐々に増え、現在は
月1千個ほどが売れる。






スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る