FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


トランプはうまくいったとほくそ笑む?

米最高裁判事にバレット氏就任 司法判断の保守化に拍車

 米上院(定数100)は26日、トランプ米大統領が連邦
最高裁判事に指名したエイミー・バレット高裁判事(48)の
就任を、52対48で承認した。53議席を占める与党・
共和党が1人を除いて賛成し、野党・民主党は全員が
反対をした。これにより、最高裁の判事は保守派が6人、
リベラル派が3人となる。最高裁判事は終身制のため、
司法判断が長期にわたって保守化することになる。


米国の制度で驚きが大統領選が直接選挙ではなく、
最終的には選挙人の数で選ばれること。

その結果前回の大統領選ではヒラリーが総数では
トランプに勝っているにも関わらず、トランプの勝利に
なってしまいました。

まあ、それよりも驚きなのが、米国の最高裁判事が
ローマ教皇と同じく終身制であり、また時の大統領の
推薦が基本ということ。

結果として今回のようにわずか48歳で就任したら
ほぼ半世紀も就任し続け。

パレット氏が保守派であることによって、人工妊娠中絶、
医療制度改革(オバマケア)の行方がどうなるかという
不安が増大。

さらに、明言をしていませんが、どうやら同性婚に反対の
立場のようですね。

トランプみたいな大統領でなければ、米国での民主化の
流れは変わらないと思いますけれど。

とにかく、保守派といっても、いくらなんでも黒人差別推進や
進化論の否定はしないでしょう。

さらには、共和党の大統領の実施、要望することは何でも
OKということにならないことを期待したいですね。





スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る