FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日本学術会議の6人の任命拒否について、
「学問の自由」が侵害されているという言い方。

憲法23条はあっさりと、
「学問の自由はこれを保障する」とだけ。

今回、菅を支持するヨイショメディアやおバカな
学者たちは、ものごとを皮相的というか、わざと、
今回の措置では個人としての学問を行うことを
否定していないから問題ないなどと叫んでいます。

しかし、23条の意味はその基本的意義のほかに、
その自由を担保するための制度的保障として
大学の自治、教授の自由、義務教育などを含めた
広い意味での教育の自由、教育権の所在などまで
も意味します。

今回の措置において国の予算を使っているん
だから任命拒否は当たり前と言っているんです
から、大学などの人事、学者の研究予算などに
政府が気に食わなければ拒否するだろことは
火をみるより明らか。

だからこそ、菅政権はその第一歩として学問分野
においても個別的なものではない学術会議に
いちゃもんをつけてそれが通れば次はと考えて
いるんでしょう。

それについては下記の記事のように池内了・名大
名誉教授が明確に語っています。

ところが、菅政権はもっと図々しく大学に対して
中曽根に対して黙とうまでしろなどと。

はっきり言って想定外。

この調子だと、学問分野だけではなく、日本中の
あらゆるところで政府が口を出すようになるでしょう。

決して許してはなりません。

中曽根氏合同葬 教育現場、批判や疑問 「弔旗要望、やり過ぎ

 中曽根康弘元首相の合同葬に合わせ、政府が
全国の国立大など教育現場に弔旗の掲揚や黙とうで
弔意の表明を求めていることが明らかになった。
日本学術会議問題に続き、新たな「政治介入」とも
取れる政府の動きに各地の教育関係者から批判や
疑問の声が相次いだ。
 大阪大の男性教授は「思想統制のようで、単純に
気味が悪い。国葬でもないのに、『国立』と名の付く
組織に勤務しているだけで従う義理はない。何か
勘違いされているのではないか」と不快感を隠さ
なかった。菅義偉首相が学術会議から推薦された
新会員候補を任命しなかった問題にも触れ、「国から
金をもらっているところは全て政府や自民党に従え
ということか」と疑問を呈した。


政権は法律の脇道を行き、その幅を広げて主張を押し通す 池内了・名大名誉教授

 日本学術会議は、科学が戦争に利用された反省
から1949年に設立された。科学者の軍事研究に
長年、反対してきた池内了・名古屋大名誉教授は、
任命拒否問題が及ぼす影響について「学術会議が
最初のターゲット。あらゆる場面が想定される」と
際限ない拡大を懸念する。
ー中略ー
大学、自治体などにも任命拒否が広がる懸念
 ◆政権は政治的に気にくわないことを言う人を
シャットアウトすることを見せたわけです。そして
具体的な理由を明らかにしない。6人が政府に
盾突いたからだと人々に思わせて、口を重たく
させる。学術会議のみならず、組織内でそういう
人を推薦しなくなる、敬遠する恐れがあります。
 例えば、大学の学長選で選ばれた学長を文部
科学相が認めない、首長が教育委員会の教育長
を任命しないなど、あらゆる場面が想定されます。
学術会議という適当な規模の組織が最初の
ターゲットになり、これから拡大していくのでは
ないでしょうか。






スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る