FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


国民のために役立つコロナ対策などは面白くない。

ということで、イージスショアの配備の中止を受けて、自分の
大好きな戦争国家に向けてまっしぐら、もちろん国民を守る
ためとの大義をかざしますが、要は自分の国を守るため。

もっとも、先に相手をたたくなど、西部劇でもアウトです。

アメリカ並みの装備をもっても、この近距離で多数の中近距離
ミサイルから日本を守ろうなんてとても無理。

でも、自分は防空壕に入って戦う喜びは満喫できるでしょう。

首相「敵基地攻撃能力」検討表明 問われる憲法9条との整合性

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」
配備計画停止を受け、政府は外交・安全保障政策の基本
方針「国家安全保障戦略」の初改定を視野に入れた議論を
今夏に始める。安倍晋三首相はミサイル発射前に相手の
基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を検討する意向を
表明したが、憲法9条に基づく「専守防衛」を揺るがしかねず、
今後の大きな焦点となる。各国のミサイル開発が進む中、
新たな防衛体制をどう構築するかも課題だ。


憲法があるとかないとかよりも、周囲の国々がいよいよ昔の
軍事国家への道を歩み始めたと感じるでしょう。

また、実際に敵がミサイルを発射してからでないと宣戦
布告なしの戦争行為であって国際的に認められるんで
しょうかね。

核ミサイルなどは抑止力としてある一定の意味があり
ましたが、地球破滅の恐怖の核の大量保有につながり
ました。

敵の状況を完全に把握して敵基地破壊をしても、敵の
報復のためのミサイルの防御をするためには、軍拡
競争を行うことしかありえず、米国ではあるまいし、膨大な
軍事予算が必要となって、日本は経済的に破綻してしまう
でしょう。

外交的には専守防衛がもっとも安上がりな道なんですが。

安倍は頭が狂っているのか馬鹿なのか、自民党の馬鹿ども
も同じこと。( ̄へ  ̄ 凸




スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る