FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


トランプへの忖度なしのツイッター社に対して、
世界の最高権力者でもあるトランプが自分の
言論の自由を叫ぶとは最高のお笑いですが。

それこそ言論の自由封殺行為同等のSNS制限
をする大統領令を出すなど、最高権力者には
言論の自由は無用であることを世の中に知らしめる
という意味では評価されるべきか???o(^-^)o

グローバルの世界においてSNSを封殺しようなんて
ことが無意味であることをドイツが教えてくれました。

ツイッターは「ドイツにおいで」、米大統領発言で議員ラブコール

トランプ米大統領がツイッター(TWTR.N)など交流サイト
(SNS)の閉鎖も辞さない構えを示したことについて、
ドイツキリスト教民主同盟(CDU)のトーマス・ヤルゾムベク
議員は28日、ツイッターが閉鎖されればドイツに移転
すればよいという考えを示した。
トランプ氏は今週、米大統領選挙に関する自身の
ツイートに、ファクトチェック(真偽確認)を促す警告マーク
がついたことに怒り、SNS各社を規制もしくは閉鎖する
とけん制した。
ヤルゾムベク議員はツイッターで、トランプ氏の発言は
「ドイツへの移転招待状だ!」とした上で「ここなら政府
を自由に批判できるし、フェイクニュース(虚偽報道)
と闘うこともできる。素晴らしいベンチャー企業やハイテク
産業のエコシステムもそろっており、ツイッターには
ぴったりだ。諸手を挙げて歓迎する!」と述べた。


実際にドイツにツイッター社が移転したとすると、米国は
中国と同じ政策をとるしかなくなります。


スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る