FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


夜、寝室で耳元でプーンという蚊の音。

手で振り払おうとしたり、耳を自分でたたいたりと、夏には
時たまそんなことを経験することがあります。

でも、さすが研究者は違いますね、暗闇なのになぜ蚊は
とべるのかなんて。

蚊は暗闇でなぜ飛べる? 気流の乱れで障害物を察知

 夏の夜の安眠を妨害する、ぷーんという不快な音――。
蚊が暗闇でも障害物を避けて飛べるのは、自らの
羽ばたきで起きる気流の乱れが、壁や床などで反射
するのを感じ取っているかららしい。そんな研究論文が
米科学誌サイエンスに掲載された。コウモリが超音波を
レーダーのように反射させているのと違い、反射した
気流の乱れを触角で感じているという。
 千葉大の中田敏是(としゆき)助教(機械工学)らは、
蚊の羽ばたきによる気流が障害物でどう乱され、
反射するのかを計算。蚊は、体長の10倍という3~4
センチ先の気流の乱れを感じ取れるとわかった。
触角を耳の鼓膜のように使っているらしい。
 この機能をドローンに付け、プロペラが出した気流の
乱れを検知できるようにしたところ、超音波やレーダー
を使わなくても、壁や床を検知できることも実証できた。
障害物を避けて飛ぶ手法に使えそうだという。


さしずめ、コウモリはデジタル技術で蚊はアナログ技術と
いう感じがします。

どちらもアナログだけど。o(^-^)o



スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る