FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


新型肺炎の拡大を阻止するために国をあげて
対策をはかる必要があるでしょう。

その意味で、サクラばかりで何をしているんだ
という意見も出したい気持ちはわかります。

しかし、国のトップの資質が疑われ、政権が国民に
よりそうことは全くないという疑いがあれば、対策を
負かすことができるんでしょうか。

今、国会でサクラを論議しているのは「桜を見る会」が
問題ではなく、国のトップが国民の代表として全く
相応しくなく、またそれを支える政権が国民に対して
自分の責任を全く果たそうとしていないことを問題視
しているからです。

以前、安倍首相が国語能力が無いとの例として、
「画一的」を「がいちてき」と読んだことをあげましたが、
今回のサクラ論議ではそれをはるかに超える答弁?
がなされています。

私はその時の質疑をTV中継で視聴していましたが、
ただただ驚きあきれてしまいました。

松尾貴史のちょっと違和感
「募っているが募集してない」答弁 閣僚は首傾け、与党席からも失笑


 安倍晋三氏の事務所が、「桜を見る会」の参加者を広
く募集していた問題で、共産党の宮本徹衆院議員から
「参加者募集をいつから知っていたのか」と質問され、
安倍氏は「幅広く募っているという認識で、募集している
との認識ではなかった」と、パラドキシカルな言い回しで、
答えになっていない答弁をした。
そう、「答えているという認識で、答弁しているという認識で
はなかった」とでも言いたくなる恥ずかしさだ。
ー中略ー
 「まだ桜をやっているのか」と、安倍氏の応援団やネット
サポーターが判で押したように言っているが、追及する
側は「桜」などどうでもいいのだ。公私混同し、ウソをつき、
選挙違反をし、公金流用し、一部の自分たちに都合の
良い人だけを優遇する政権かどうかを検証しようとして
いるのであって、それは全ての国の運営に関わってくる
大問題なのだ。私たちの血税から、大金持ちや大企業や
「上級国民」や地元の有権者や反社会的な人物や腹心の
学校経営者やトランプ米大統領にばかり恩恵を与える
ような政権なのか否かを確かめようとしているのである。


もう小学校低学年でもわかるようなことがわからない
知恵おくれのような国語知識の持ち主が国の危機に
対処できるわけもありません。

また、サクラの言い訳の中で、公職選挙法に触れないと
いうために、安倍事務所がバスで何百人も集めた
後援者たちがサクラ前夜祭のホテルのパーティに参加
するためにホテルと個別に契約したなどと。

こんな言い訳が通ると思っているとしたら、本当の
馬鹿か、私の言うことはなんでも正しいと言い放った
「馬鹿」の語源となった秦を牛耳り滅ぼしてしまった
宦官の趙高と同様の国民などなんとも思っていない
極悪人ともいえるでしょう。( ̄へ  ̄ 凸




スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る