FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


私は高齢者ドライバーに対して一律のような
感じで免許の返納を求めることはおかしいと
思っています。

そもそも、問題は年齢ということではなく、運転
技術に関わることであって、そうしたことを免許
更新の際にチェックすることができるようにする
ことのほうが大切だと思います。

とはいえ、現状では免許更新のシステムを変更
することは多大な費用労力がかかるために、
高齢者は一律返納しろということになっている
のでしょう。

以前に当ブログでも意見を述べましたが、少なく
とも代替手段のある都市部においては返納も
ありかなという気がしないでもありません。

しかしながら、農村部なり過疎地においては、
足腰の弱い高齢者であればこそ余計に
車が必要なものと思います。

こうしたことに対して今日の毎日の記事で
なるほどと思いました。

高齢ドライバー検査に限界 免許返納進まず 「車なし生活」支援課題に

 19日で発生1カ月になる東京・池袋の母子死亡
事故をはじめ、高齢のドライバーによる重大な交通
事故が後を絶たない。免許更新時の認知機能検査
で問題なしとされた高齢者が起こすケースも多く、
現行の対策の限界もうかがわせる。悲劇を繰り
返さないための有効な手立てはあるのか。


記事後半でこんな情報が。

 栃木県鹿沼市は10年度から、免許を返納した
高齢者は市内のコミュニティーバスに無料で乗れ
るようにした。当初は毎年の更新だったが、17年
8月から終身無料に、昨年12月からは対象を
返納者の配偶者にも拡大した。電話すれば決まった
時間に自宅前まで来てくれる「予約バス」にも乗れる。


高齢者に対して権利放棄を求めるなら代替
手段の提供は求める側の責務でしょう。

まあ、先日の池袋の事件を起こしたような人間には
無意味の制度でしょうけれど。





スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る