FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


あおり運転の結果として東名で夫婦が
お亡くなりになった事故。

検察は危険運転致死傷として起訴しました。

その時には当然だろうと思いましたが、いざ
裁判になってみると。

東名あおり事故 弁護側、危険運転致死傷は無罪を主張

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で
停車させられた車がトラックに追突され、萩山嘉久さん
(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)が死亡した事故で、
自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に
問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜
地裁(深沢茂之裁判長)で始まった。初公判で弁護側は、
危険運転致死傷罪については無罪を主張した。


弁護士としてはまあ当然の主張でしょう。

危険運転致死傷とされるのは長たらしい名前の法律
「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に
関する法律」の第2条に規定された行為です。

長いので記事の最後にあげておきますが、

今回の裁判の罪状に一番近いのは4項。

四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の
直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、
かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為


でも、あおり運転でご夫婦の乗った車が事故を起こして
お亡くなりになったわけではありません。

となると、素人目からは適用されない気がしてしまい
ます。

でも、高速道路で進路妨害して相手の車を止める
なんて危険極まりない行為です。

そもそも、こうした行為を法律で規定していないのが
法律上の不備ではないかと思いますが、現状では
いたしかたがありません。

まあ、裁判官が大岡越前みたいな方なら法の趣旨
なんとかで有罪にしてくれるかも知れませんが、結果
として被告の行為によって事故死してしまっているのが
明らかなのに、このまま無罪になんかなったら目も
あてられませんね。

となると、検察の立件の仕方が間違っていたんではと。

やはり、傷害致死罪なんかの適用は考えたほうが
よかったんではという気がします。


<参考>

「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に
関する法律」
第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
二 その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
三 その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
五 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
六 通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

スポンサーサイト

 | ホーム | 


FXで斬る