FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


認知症患者を持つ家族の方がた、また
将来への不安を持つ方々に朗報?

iPS細胞 アルツハイマー低減薬を発見

 3種類の既存薬を組み合わせることで、認知症の
代表的疾患、アルツハイマー病を引き起こす物質を
抑える効果を確認したと、京都大iPS細胞研究所の
井上治久教授(幹細胞医学)らの研究チームが発表
した。
アルツハイマー病患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)
から作った脳細胞に投与し、病因物質を約4割減らした。
論文が22日、米科学誌「セル・リポーツ」で公開された。


iPS細胞から薬を作るのではなくて、薬の効果を
いろいろ調べるのに患者さんの細胞を使ったん
ですね。

アルツハイマー病の原因ははっきりしていないんですが、
患者の脳に「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質が
発症前からたまることが分かっていて、蓄積を減らせば
発症を抑え、治療につながると期待されています。

今回の研究で重要なのは1258種類の既存薬から
効果のある組み合わせであることです。

すぐに使えますから。

その3種はパーキンソン病などの薬「ブロモクリプチン」、
ぜんそくの薬「クロモリン」、てんかんの薬「トピラマート」。

詳細はこちらを。


アルツハイマー病病因物質を低減させる既存薬カクテルの同定〜患者由来iPS細胞を用いた化合物スクリーニングとin vitroトライアル〜
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/171122-090000.html
スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る