プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


今日は「防災の日」。

1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が
発生したことで、毎年、各地で防災訓練が行わ
れます。

また、石原都知事時代から、大震災時に流言
飛語によって多数の朝鮮人が虐殺されたことに
対してその慰霊式典に都としての追悼文を
出していました。

ところが、今回、小池知事がそれを取りやめ。

小池知事 朝鮮人追悼文見送りで波紋 虐殺犠牲者慰霊

東京都の小池百合子知事が、関東大震災時に
虐殺された朝鮮人犠牲者を慰霊する9月1日の
式典への追悼文送付を今年からやめることを決め、
波紋が広がっている。
都側は「都民の問題提起で数年前から検討して
いた」と説明。小池知事の独断ではないことを明ら
かにしたが、虐殺に関する歴史認識を変えたとも
捉えられかねない決定に、識者からは「知事も
都も説明不足」との指摘が上がっている。


あの「三国人」発言もするような石原都知事でさえ
追悼文を出していたというのに、小池さんになって
やめたというのはちゃんとした理由がないとかなり
まずいかと思います。

一応、以前から検討していた流れがあるということ
ですが、取りやめの理由について、知事は「大法要
で犠牲となった全ての方々への追悼を行っていき
たいという意味から、追悼文を出すことは控えさせて
もらった」と述べています。

でも、自然災害で亡くなった方と、その後の朝鮮人
差別意識からの流言飛語で亡くなった方を同列に
扱うことはとてもおかしいし。

都民ファーストということを掲げるならば、現在、
ヘイトスピーチなどが問題になっていればこそ、
差別撤廃に向けての姿勢を打ち出すことは大切で
それを弱めるような今回の行為は問題かなと。

安倍自民党を弱体化するために、小池さんを
応援いたしますが、小池さん自体は憲法改正
賛成など、日本国としての姿勢は本来バリバリの
保守本流の自民党。

そうしたことを考慮しつつ、今後も安倍自民党的
体制を弱めることに役に立つ範囲内で小池さんを
応援しようと思います。
スポンサーサイト

 | ホーム | 


FXで斬る