プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


この勝負はチェスや囲碁とはちょっと
違う観点で判断しないといけません。

米大学開発の人工知能、ポーカーで人間に歴史的勝利

人工知能(AI)との対戦で唯一人間が優位を保って
いたポーカーで、カーネギーメロン大学が開発した
AI「リブレイタス(Libratus)」が初めて勝利を収めた。
リブレイタスは、31日まで20日間にわたって
フィラデルフィアで4人の世界的なトッププレーヤー
と対戦し、170万ドル(約1.9億円)超相当の
チップを獲得した。


そもそも、チェスや囲碁などは頭がいいかどうか
ということで勝負が決まります。

ところが、映画などでもそうですが、ポーカーに
ついては配られた手がどうであるかの確率に
支配され、さらにポーカーフェイスという言葉が
あらわされるように相手の心理をどう読むかと
いうことがかなりのポイント。

確率だけであれば必ず勝つということはできません。

ということは、お互いどのように相手をだますかと
いうことになり、すくなくともAIであれば顔色を
よまれないことは確実ですから、その点は有利。

といっても、センサーなどで相手の顔色を読める訳
でもありません。

ということは、AIとして勝つというためには、実際の
手に対してお互いどのように相手をだまそうとするかを
読み解くアルゴリズムを作ること。

これは実際のビジネス、外交、戦争などに応用が
できそうなものという感じがします。

実際に、今回、リブレイタスのアルゴリズム使用を
模索する世界中の企業から問い合わせが殺到して
いるそうです。

スポンサーサイト

 | ホーム | 


FXで斬る