FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


大変悲しく残念なことです。(´・ω・`)

JR横浜線・踏切死亡事故:死亡の女性「男性助けなきゃ」 父の目前、踏切へ

横浜市緑区中山町のJR横浜線
鴨居−中山間の川和踏切で1日
午前、女性が電車にはねられ
死亡した事故で、神奈川県警
緑署は女性が同区台村町、
会社員、村田奈津恵さん(40)
だったと発表した。線路上に
横たわっていた同区の無職
男性(74)を助け出そうと
した末の事故だった。


人命救助できていれば
大変な美談なんですが。

とっさに助けなきゃと身体が
動いてしまう気持ちは素晴ら
しい。

でも、酷なことを言えば
横たわったままの人間を
助けるならば、抱き上げよう
とするならばかなりの力の
ある男性でなければ無理。

踏切の外へ手なり足なりを
持って引っ張るようにする、
また声をあげて応援を求める。

そのぐらいのことをしないと
小さく、力の無い女性が人を
助けることはできません。

この事件で、今年9月台風で
増水した川でおぼれた6歳の
子を救助した中国人留学生の
厳俊さんを思い出しました。

彼は日頃から鍛錬をし泳ぎも
得意、でも一度飛び込んで
あまりの流れの急なことで
一度岸に引き替えし、下流に
走り、周囲の人にロープを借り
また飛び込んで子供を助け
たんです。

冷静沈着で素晴らしい行動
でした。

その彼のネットでのコメントです。

「ネットでの関心やメッセージに
感謝する。ありがとう。川の流れが
あそこまで急とは思っていなかった。
長い間鍛錬してきた自分の肉体が、
あの激流の中では無力に感じられた。
危うく命を失うところだった。
今回は運よく子供を救出できたが、
誰かを助ける時は自分の安全も考え
なくてはいけないことが分かった。
みんなにも気を付けてほしい。
私のように誰かを助け、水に飛び
込んだ人は多くいる。中にはその
まま岸に上がれなかった人も。
この場を借りてその人たちに敬意を
表したい」


今回お亡くなりになった村田さん、
老人を救助できたことがぎりぎりの
救いでしたが、やはり自分の身も
考えつつの行動をしてほしかった
と思っています。

それにしても、件の老人。

ウワサでは自殺しようと横たわった
ということらしい。

助けるのも一苦労だったし、それで
亡くなることになったとしたら
やりきれません。( ̄へ  ̄ 凸
スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る