FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


まあ、こんなことであっても
国際会議において、日本の
存在感を示せればいいかも。

まして、今回は焦点ボケ?
のようなものでしたから。
麻生副総理ギャング
G20:麻生財務相、ファッションでも存在感

今回のG20財務相・
中央銀行総裁会議
では、急速な円安
とともに初参加と
なる麻生太郎財務
相にも注目が集まった。


確かに存在感あると
思います。

米紙ウォールストリート・
ジャーナル(電子版)では
麻生氏の写真を「(マフィアの)
5大ファミリーのボス会議に
行くの?」と紹介したんですから。

↓ここ
Japan’s Finance Minister Rocks Gangster-style for G-20 Trip

まあ、でも毎日の記事のタイトルは
こちらの方がふさわしい?

「G20:麻生財務相、ファッションでは存在感」

さて、肝心のG20の中身に
ついては下の毎日の社説をどうぞ。

社説:G20金融会議 本質曇らせた円安論争

不毛な論争に乗っ取られた−−。そんな
印象が残るモスクワでの主要20カ国・
地域(G20)財務相・中央銀行総裁
会議だった。
 最大の焦点となったのは、安倍政権の
経済対策である。昨年末以来、円が
急テンポで値下がりし、海外から
「円安狙いの金融緩和」「通貨戦争
をもたらす近隣窮乏化策」などと非難の
声が上がっていた。
このため、日本の金融緩和はデフレ
脱却という国内目的か、輸出競争力を
高める円安目的か、との議論になった。


リーマンショック後、米国を
先頭にわれ先に極端な金融緩和
に走ったのが日本を除く先進国。

為替変動はその結果生じたもの。

今のグローバル経済において
金融政策が国内向けに限定
されるものがあるはずも無いのは
各国も承知しているんですから。

まあ通貨切り下げとか、あまりに
露骨な為替介入はしないように
しましょうという反省会だった
んでしょうね。

ただ安倍さんしっかり現状を
把握してくださいね。

今のところの円安は民主党
政権下の無策によって円高に
なっていたのが戻っただけ
のこと。

また株価もそれにつられて
戻しただけのこと。

それをアベノミクスの成果
みたいなことを言うから
ヨーロッパなどが批判する
口実を与えているんです。

アベノミクスの成果どころか
政策実行はこれからですから
ゆめゆめ自分の実力がすでに
発揮されたなんて思いあがら
ないようにしてくださいね。m(..)m


スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る