FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


津波来(こ)し時の岸辺は如何なりしと

見下ろす海は青く静まる


今日の歌会始の儀で
陛下がお詠みになった
歌です。

歌会始の儀:天皇陛下 津波での大きな被害の印象詠む

新春恒例の宮中行事
「歌会始の儀」が12日、
皇居・宮殿であった。
今年の題は「岸」。
天皇、皇后両陛下や
皇族方に加え、入選者
10人と召人(めしうど)で
詩人・小説家の堤清二さん(84)、
それに選者の歌が伝統に
のっとった発音と節回しで
披露された。
選考の対象となったのは
1万8830首、うち海外は
21カ国・地域からで158首だった。

陛下が被災地をお見舞いに
いかれた際、ヘリコプター
から津波で大きな被害を
受けた地域を御覧に
なったときの印象を
詠まれたもの。

もう二度とこのような
災害が起こらなければ
いつまでも青い海で
あり続けられるのですが。

地震発生確率:ほぼ変わらず--国の調査委

国の地震調査委員会(阿部勝征委員長)は
11日、今年1月1日を基準日とした全国の
地震発生確率を発表した。
想定東海地震では、今後30年の地震発生確率が
87%から88%に上昇したが、昨年3月の
東日本大震災の影響を考慮した評価手法
をとっていないため、他の地震でも昨年と
ほとんど変わらない確率となった。

毎日の記事ではほぼ
変わらずの評価ですが
他社は1%でも上昇したと
不安視しています。

ただ、今回の連動型
大地震をまったく予測
できなかった地震学者の
発生確率などあまり
意味がないように感じ
られますね。

今、今回の想定外?とも
いう大きな地震が起こった
ことにより、地震学者の
予知だけでなく、過去の地震、
津波の文献、地質学調査
を真剣に見直し初め
ました。

次の二つの記事を
見てください。

「千年に一度の巨大地震の世紀」 東海・東南海・南海3連動と首都圏直下型地震 も 平安時代に匹敵

東日本大震災規模とされる
平安時代の貞観(じょうがん)地震
(869年)や関東直下型地震、東海・
東南海・南海地震の3連動とみられる
仁和(にんな)地震など9世紀に
起きた地震が、阪神大震災(平成7年)
以降の地震の状況と酷似している
ことが、産業技術総合研究所の
寒川(さんがわ)旭(あきら)・招聘
(しょうへい)研究員(地震考古学)の
分析でわかった。
近い将来に首都圏直下型や3連動型
地震が起きる可能性が高いとの
見解を示し、「千年に一度の巨大地震の
世紀になるかもしれない」と警鐘を鳴らす。

2千年前に30メートルの大津波か 繰り返す南海、東海

「津波の堆積層が50センチもある。
2000年前に何が起きたのか…」。
高知県土佐市の蟹ケ池で、津波が
運んだ古代の海砂や生物化石の層を
調べていた岡村真高知大教授
(地震地質学)が驚いた。
 堆積層1センチは津波の高さ
1メートル弱に相当するため、約30
メートルの巨大津波が到達した
可能性もあるとみられる。
調査した過去約5000年分では
最大だ。

いずれの記事も去年の8月
のものです。

東北大震災がなければこうした
活動は東電をはじめとする
原子力村の圧力などで
メディアも取り上げなかった
でしょう。

実は2007年にも、産業技術総合
研究所(産総研)活断層研究センターの
藤原治研究員と北海道大学の
平川一臣教授らのグループが
恐ろしい調査結果を発表して
いたんです。

05~07年に浜岡原 発から東
約2キロの地域で計8カ所、
深さ十数メートルのボーリング調査を
実施し、堆積物の年代測定などを
したんです。

その結果国が想定する東海地震とは
別のタイプとみられる大規模地震が、
約4800年前、3800~4000年前、
2400年前ごろの計3回起き、この後、
もう1回発生しているとみられ、
1000年周期の可能性があることが
わかりました。

この発表は浜岡原発の廃止に
つながるものであり、東電に
よって見事に葬られた形に?

平川一臣教授は地質調査で
その後も、十勝沖地震、根室沖
地震の連動型大地震の過去の
発生など重大な発表を行って
いる方です。

まあ、いずれの発表も
1000年に一度の大地震が
過去の調査から起こりうる
と予見しているんですね。

ということでもあるんでしょうか。

南海トラフ巨大地震 規模M9、震源域2倍に 内閣府が想定引き上げ
自分なりの判断のご紹介-南海巨大地震
東海・東南海・南海地震が
起きる
南海トラフ(浅い海溝)
沿いの
巨大地震の想定
見直しを進めて
きた内閣府
の検討会は27日、
3つの
地震が連動した場合の
想定
震源域を従来の約2倍に

拡大し、地震の規模を
東日本
大震災と同じ
マグニチュード
(M)9.0に
引き上げる中間報告を

まとめた。

昨年末のことですが、従来
過去数百年に起きた地震の
被害記録を再現できるように
作成されてきた地震規模の
想定をもっとさかのぼって
見直すことにしたんです。

具体的な津波の高さや震度分布
などは今年3~4月の最終報告で
公表するそうです。

あまりにすごい内容で公表を
やめたりして。


最後に皇后陛下の歌を

帰り来るを立ちて待てるに季(とき)のなく

岸とふ文字を歳時記に見ず







スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る