fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ



自分なりの判断のご紹介-触角銀河
自然が織りなす
芸術といおうか。

夏の夜空に直接
見えたら素晴らしい
でしょうねえ。

NASA:「触角銀河」写真公開 地球から6200万光年

米航空宇宙局(NASA)は、
二つの渦巻き状銀河が
衝突してできた
「触角銀河」(アンテナ銀河)の
中心部をとらえた写真を
公開した。
地球から約6200万光年
離れたところで、大量の
星が生まれる様子が
鮮やかに映し出されている。

触角銀河(アンテナ銀河)と
いわれる所以は、見ての
とおり昆虫の触角のような
形をしているから。

実は、一つの銀河ではなくて
二つの銀河、NGC 4038と
NGC 4039が衝突している
状態なんです。

場所は地球から約6200万光年
離れていて、衝突開始は
1億年以上で、今も新しい
星が生まれ続けているん
です。

この写真は、米国時間の
8月5日がNASAが発表。

A Galactic Spectacle
http://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/multimedia/antennae.html


この説明によれば、
チャンドラX線望遠鏡、
ハッブル宇宙望遠鏡、
スピッツァー赤外線
宇宙望遠鏡、の三つの
望遠鏡で撮った写真を
合成してるんです。

チャンドラX線望遠鏡の
X線データ(青色)は
超新星爆発によって生じた
熱い雲や星間ガスを捉え、

ハッブル宇宙望遠鏡の
可視光(金色)は赤い
年老いた星や黄色と白の
星形成領域などを示し、

また、ピッツァー赤外線
宇宙望遠鏡の赤外線
データ(赤色)は、新しく
誕生した星によって
加熱したダスト雲を捉えて
いるんだそうです。


宇宙での衝突に
よってできる美。

素晴らしいですね。

日本のねじれ国会での
与野党の衝突が
良い政治を生み出す
ためのものであると
素晴らしいんですが。





ハッブル宇宙望遠鏡でたどる果てしない宇宙の旅
¥2,079
楽天

※モバイル非対応


宇宙画像 2009―世界の望遠鏡がとらえた1年間の厳選天体 ハッブル、スピッツァー、チャンドラ.../著者不明
¥2,415
Amazon.co.jp

.NEWMOONLIGHT*持ち運びにも便利な軽量・コンパクト設計。≪送料無料≫ケンコー 天体...
¥4,480
楽天

※モバイル非対応



スポンサーサイト



 | ホーム | 


FXで斬る